Sanne van de Goor 個展「Folding Thoughts」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中のSanne van de Goorの滞在成果を発表する個展「Folding Thoughts」を12月22日(土)~24日(月・祝)に開催します。

Sanne van de Goor サナ・ファン・デ・ホアは、アムステルダムに拠点を置くグラフィックデザイナーです。 ルールベースのシステムから予期せぬ結果が生み出される可能性と、構造を作り出す根本的なルールへの関心から制作が始まります。自身のプロジェクト、依頼された作品や教育的な作品は、精度とランダム性、混沌とコントロールの間の緊張を体現しています。アートプロジェクトや子ども向けのワークショップは、ルールを基盤とした遊びや、パターンデザインの繰り返しによって形作られる単一の線や形にみられる予測不可能性を取り入れています。
続きを読む Sanne van de Goor 個展「Folding Thoughts」を開催します

Kyle Bates 個展「Second Self 」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中のKyle Batesの滞在成果を発表する個展「Second Self」を12月22日(土)~24日(月・祝)に開催します。

Kyle Bates カヨ・ベイツは太平洋北西部に拠点を置くミュージシャン、オーディオ・ビジュアル・アーティスト、作家です。ポートランド州立大学で音楽と英語の学士号を2015年に取得。姉妹プロジェクト「Drowse」「Floating Room」や、The Flenser、The Native Sound、Good Cheer Records、Glowing Window Recordings、Apneic Void and Televisionなどの広範囲なプロデュースを行う制作や演奏活動はNPRやVice、Spinなどのメディアから注目されています。現在、ポートランドを拠点に活動しています。
続きを読む Kyle Bates 個展「Second Self 」を開催します

Karolina Nowosielska 個展「花鳥風月」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中のKarolina Nowosielskaの滞在成果を発表する個展「花鳥風月」を12月22日(土)~24日(月・祝)に開催します。

Karolina Nowosielska カロリーナ・ノボシェリシカは象徴主義と表現主義に多大な影響を受けた芸術写真家です。現在、ノルウェーのオーレンスを拠点に制作活動を行っています。
ポーランドのソポトにあるSopot Photography Collegeにて作品シリーズ「Fluctuation」が認められ優秀な成績で2014年にディプロマを取得し卒業しました。また、彼女に強い学術的背景を与えた北米研究とドイツ哲学で修士号を取得。カロリーナのポートフォリオは複数の写真コンテストの受賞や出版、またアジアやヨーロッパでの個展およびグループ展で出展されました。
続きを読む Karolina Nowosielska 個展「花鳥風月」を開催します

Ginnie Hsu 個展「平凡の魔法」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中のGinnie Hsuの滞在成果を発表する個展「平凡の魔法」を12月22日(土)~24日(月・祝)に開催します。

Ginnie Hsu ジニ―・スーは、米国ミシシッピ州スタークビルに住むマルチメディアデザイナー、教育者、イラストレーター、制作者です。作品は、日常生活、自然、人々の生活、心身の健康に触発されています。デザイン的に優れたデジタル体験と技術は人間の生活の質を向上させることができると信じ、人々の手助けに熱心です。彼女の目標は社会に影響を及ぼすものをデザインし、作り生み出すことです。この個人的な使命を念頭に置き、ジニーのデザインとリサーチは人間を中心とした制作を続けています。
続きを読む Ginnie Hsu 個展「平凡の魔法」を開催します

Jessica Auer and Zuhaitz Akizu 個展「Big fish like a hill」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中のJessica Auer and Zuhaitz Akizuの滞在成果を発表する個展「Big fish like a hill」を12月22日(土)~24日(月・祝)に開催します。

Jessica Auer ジェシカ・アワーは、カナダのモントリオール出身のビジュアルアーティスト、写真学教授です。作品は歴史、場所、旅、文化体験を結ぶテーマに焦点を当て、文化的な場所としての風景の研究に広く関わっています。

Zuhaitz Akizu スワイツ・アキスは、アイスランド在住のバスク出身のアーティストです。歴史や考古学、収集の背景を持つスワイツは、主に歴史的なイメージ・メイキングの方法を用いて制作する独学の写真家です。

ジェシカとスワイツは東アイスランドの写真の歴史に触発され、アナログ写真スタジオと研究センターとしてアイスランドのセイジスフィヨルズルにStröndinStudioを設立しました。
続きを読む Jessica Auer and Zuhaitz Akizu 個展「Big fish like a hill」を開催します

Khor Ke Xin 個展「私のシンプルライフ」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中のKhor Ke Xinの滞在成果を発表する個展「私のシンプルライフ」を12月22日(土)~24日(月・祝)に開催します。

Khor Ke Xin コー・ケシンはシンガポールを拠点に独学で学ぶ芸術家です。絵画に対する情熱は幼少期からはじまり、荒野の畑や貯水池のある穏やかな雰囲気を持つクランジで育ちました。彼女を取り巻く豊富な自然は、徐々にアート制作に夢中になるきっかけとなりました。
続きを読む Khor Ke Xin 個展「私のシンプルライフ」を開催します

Zhongsheng Gu 個展「冬至 」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中のZhongsheng Guの滞在成果を発表する個展「冬至」を12月22日(土)~24日(月・祝)に開催します。

Zhongsheng Gu チョンション・グーは、写真家および視覚芸術家です。中国と北朝鮮の国境にある小さな町、延吉で育ち、2013年より渡米し現在ニューヨークに在住。彼の真の母国語また視覚的な言語として写真を用い、ニュアンスや意味を捉え、叙情的な作品を展開します。コミュニケーションの手段としての写真の可能性を探求しています。
作品の焦点は視覚的な何かを捕らえること以上に、目に見えないものを捉えたいと思っています。おそらく彼だけが見ることのできるもの、あるいは私たちの思い出の中で起こるものなどです。
続きを読む Zhongsheng Gu 個展「冬至 」を開催します

James Wylie 個展「ぐるぐると登り続けること」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中のJames Wylieの滞在成果を発表する個展「ぐるぐると登り続けること」を11月23日(金・祝)~25日(日)に開催します。
*個展とあわせて、ジェームスさん紹介によるニュージーランドのビデオアート上映イベントを開催します(詳細は個展情報の後に記載)。

James Wylie ジェームス・ワイリーは、マオリ語名「アオテアロア」ことニュージーランドに活動拠点を置くビデオアーティストです。オークランド国立芸術大学ELAMで美術修士号を2018年に取得、アオテアロアほか国際的に作品上映されています。テクノロジーが私たちの体や風景にどのように影響するかを探究した作品制作に取り組んでいます。
2014年、ワイリーは鳥取県の農村部に2年間ほど住みながら、里山独自のリズムに特化した作品を制作してきました。里山には、天候や季節のサイクルによって柔軟に変動する時間が存在し、またそのサイクルは現代の技術によって抑圧されようとしています。より広い生態系との共生関係を促し、特有の景観を守りながら受け入れるべき関係である里山について再考させる作品を展開しています。 続きを読む James Wylie 個展「ぐるぐると登り続けること」を開催します

Carly Snoswell スタジオ開放:オープンスタジオを開催します



現在スタジオクラで滞在制作中の作家、Carly Snoswellの滞在制作を発表するスタジオ開放:オープンスタジオを11月23日(金・祝)~25日(日)に開催します。

Carly Snoswell カーリー・スノースウェルは、アデレード在住のアーティスト。ファンダムの探求、性差と骨の折れる作業を要する工芸制作を通して、あるポップカルチャー現象へのオード(ode: 叙情詩)となる工芸作品の制作を探求しています。ファンダムや趣味の工芸制作の関与によって発展するこれらの反復的で熱中しやすい工芸の制作傾向を検証し、垣間見える深い感情的なつながりを描写しながら表面的および劣等感に対する概念の探求に挑戦します。
スノースウェルはFELTspace ARIの共同ディレクターであり、これまでアデレード、メルボルン、インド、ニューヨーク、アイスランドなどのスタジオ・レジデンス・プログラムに参加しています。現在、美術学校 the South Australian School of Artにてリサーチに関する修士号を修得中。Holy Rollers Studiosのメンバー所属し、Carlcew’s Pom Pomプログラム・コーディネーターです。 続きを読む Carly Snoswell スタジオ開放:オープンスタジオを開催します

Elysha Rei 個展「Nanakorobi Yaoki 七転び八起き」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中の作家、Elysha Reiの滞在成果を発表する個展「Nanakorobi Yaoki 七転び八起き」を11月23日(金・祝)~25日(日)に開催します。

Elysha Rei エリーシャ・レイは日豪の視覚芸術家であり、二か国の各文化や各国に住んでいた経験を反映した制作に取り組んでいます。
作品は、日本のデザインに見られる美の物語と象徴を含ませた個人的かつ歴史的なアーカイブから作られ、肖像画、模様、切り紙などを用いて大きなスケールの壁画や公共のアート作品としても発表しています。
ビジュアルアート科の学士号を2008年に取得した後、クイーンズランド、メルボルン、シドニー、ダーウィンほか、ニュージーランド、タイ、米国などで作品制作、展覧会企画および開催、文化スペースの管理を行っています。 続きを読む Elysha Rei 個展「Nanakorobi Yaoki 七転び八起き」を開催します