作成者別アーカイブ: Studio Kura

Tess Kellyのクリエイティブ・フォトグラフィー・ワークショップを開催します!(2月23日)

ただいまStudio Kuraに滞在中のオーストラリアの写真家Tess Kellyの写真ワークショップのご案内です!同じ日にTessさんの個展のオープニングを行いたいと思いますので、その日はワークショップからどうぞ遊びに来てください。
TessKellyWorkshopFlyer

彼女の写しとるこの世界観にあなたも近づける!
参加者のレベルは問いません!誰でも勉強になるワークショップになると思います。講師のプロフィール(日本語)はこのページでご確認ください。
Tess Kellyプロフィール

下記は本人による文章です。お待ちしております!

クリエイティブ・フォトグラフィー・ワークショップ
Creative Photography Workshop


あなたの写真をもっと芸術的にしましょう!
カメラは見えるものを写すだけではなく、クリエイティブな表現にすばらしいどうぐです。技術の理解のよって、もっと面白くてユニークな写真を撮れる可能性を手に入れましょう。

 

このワークショップでは開口、シャッタースピード、動きと色温度の使い方を習って、撮りたい写真を撮りやすくなります。

技術を身につけたら、自分の能力に自信を持って個性あふれる写真を撮りましょう。


私の作品について、どんな技術を使ってどうやって作ったかお話します。

 


デジタルもしくはアナログカメラをお持ちの方は参してください!マニュアル設定ができるものがいいでしょう。
デジタルでもアナログでも、質問を語気軽にしてください。Photoshopに関する質問も答えられます。

 

Tess Kelly, Photographer
Artist in Residence at Studio Kura
www.tesskelly.net

クリエイティブ・フォトグラフィー・ワークショップ
講師: Tess Kelly
場所: Studio Kura
日時: 2013年2月23日 14時より
参加費: 1,500円
電話: 092-325-1773 (松崎)
メール: info@studiokura.com

オーストラリアの写真家Tess Kellyが来蔵です!

こんにちは!アレハンドロです。
今日から、メルボルンから来た写真家Tess Kellyさんが来蔵です。

2013-02-01 14.44.42

滞在期間中は景色や建造物を撮りたいそうです。
Studio Kuraの周辺を自転車で回るだけで面白いプロジェクトになりそうですね。
出来上がりが楽しみです!

2013-02-01 13.14.33
日本の生活を味わうTessさんです。

Tessさんののサイトで彼女の作品を見てみてください!
Tess Kelly Photographs

e no moriをオープンしました!

Studio Kura絵画教室の生徒たちは
日々のデッサン、数多くの習作を描き一画家として羽ばたこうとしています。
そんなオリジナルの作品を家に、事務所に飾ってみたいと思いませんか?

いい絵画が欲しいかもしれない皆さんと
描いた絵を人に楽しんでもらいたい皆さんを
つなげるためのサイトを作りました。
e no moriでは、絵画を簡単に買うことも、簡単に売ることもできます。

e no mori (blog)

置いている作品はこれから増えますので、定期的に見てみてください。
画家の皆さん、アートを愛する皆さん、e no moriをよろしくお願いします!

ルクセンブルクよりダンサー小南ゆうこさん来蔵です!

“reMEMBRANEce” – Yuko Kominami from Jacques Molitor on Vimeo.

ルクセンブルグ在住のダンサー、小南ゆう子さんがルクセンブルクの文化庁より奨学金を得て来蔵されました。レジデンスアーティストとして昨日より、滞在製作されています。

スタジオで練習されていますので、皆様是非気がるに遊びに来てください。

2012-12-05 16.41.07
写真は極寒のお稲荷で囲炉裏に火をつけようとしている様子。うまくいきませんでした。。っていうか囲炉裏じゃ寒すぎますよね。すみません!

2012-12-05 17.31.01
気を取り直して蔵の中で体を動かす小南さん。こっちの方が暖房あって暖かいですね!

23日に滞在の成果を発表する予定です。場所等決まりましたらまたアップします。

小南さんの経歴
Born in Japan in 1973, Yuko Kominami studied Butoh and dance in Tokyo. After finishing her first degree in Japanese history at the University of Waseda, she gets a diploma in Community Dance at the Laban Center of London, where she studied from 1998 to 2000. She also gets her Master in Dance Cultures, Histories and Practices the University of Surrey in 2006.
At this day she works as an independant artist and performer in the danse and performance sector. She lives in Luxembourg.
Her work is based on experiences with the movements in intervals (of movements in becoming) where intensities of individuals cross. Through those experiences, she is trying to express the multiple and fragmented movements of “a life”.
Her works include: Ones Voices, a collaboration with Steve Kaspar (2004); When the Peony Breaks (2006); Daruma by Thierry Devaux and Loris Binot (2007); Linnunrata (2007); reMEMBRANEce (2009); Mayu (2010).

小南さんのブログ
http://yukokominami.wordpress.com/

10月30日 マイクロレジデンス・ディレクターズ・トークで代表松崎がプレゼンします。

マイクロレジデンス・ディレクターズ・トーク
「マイクロレジデンス―なぜ今マイクロなのか、そのマクロな可能性を問う」
で代表松崎がStudio Kuraのレジデンスプログラムの活動を(英語で!?)
プレゼンします。

日時:10月30日(火)午後2時―6時

会場:遊工房アートスペース

参加:無料・予約制(30名) [*予約受け付けは終了致しました]

「世界にはどのようなマイクロレジデンスが存在しているか?」マイクロレジデンスの現実と、そのマクロな可能性を考えます。アーティスト・イン・レジデンスをマイクロレジデンスの視点から考えた時、レジデンスの在り方と今後の展開が見えてくるでしょう。国内外から様々なマイクロレジデンスのディレクターや関係者らが集い、アートの世界、そしてより広い社会におけるマイクロレジデンスの存在の現実から、将来の可能性を議論します。そして、持続可能な事業の在り方を検討します。登壇者と共に、参加者全員が自由に議論に参加できます。

第一部:ディレクターズ・トーク (14:00 – 16:00)

世界各地でマイクロレジデンスを運営する7組のディレクターが集い、各々のレジデンスの社会的背景や特徴、今後の課題などを、失敗談なども交えながら、ざっくばらんに紹介します。マイクロレジデンスの多様性と具体例を示しながら、その存在をアピールします。

第二部: ラウンド・テーブル・ディスカッション (16:30 – 18:00)

第一部のスピーカーに加え、国内外のレジデンス関係者や支援団体、アーティストが集い、所有者と運営者が等しいマイクロの事業モデル、マイクロの社会的存在意義、日々の現場の活動や悩み、アーティストが運営する利点など、オープンに意見交換します。また、参加者相互の今後の発展的な関係作りを図ります。

参加予定:ジュリ―・アップメイヤー(Caravansarai、イスタンブール)、フランシスコ・ゲバラ(Arequetopia、メキシコ)、アナト・リトウィン(HomeBase、ベルリン他)、ラエ・ボロティン(Big Ci、オーストラリア)、エイ・コ―(New Zero Art Space、ミャンマー)、アンティ・イロネン(Art Break、フィンランド)、マリ・マウヌKulttuuriKauppila、フィンランド)、松崎宏史(Studio Kura、福岡)ジェイ・コ―(アーティスト、キュレーター)、原田真千子(インディペンデント・キュレーター)、村田達彦・弘子(遊工房アートスペース、東京)他

九州アート車座会議で代表松崎が語ります。

img682.jpg
別府プロジェクトや北九州街中アート、、ギャラリーソープ、オペレーションテーブル、アートベース88など九州のアートを語る上で欠かせないアート関係者が一同に集まる九州アート車座会議松崎が糸島芸農、クラでの活動について語ります!

https://www.facebook.com/events/280971085335675/

電子手芸ワークショップのお知らせ 9月29日@Studio Kura

9月29日の土曜日、10:00からStudio Kuraの電子工作室で「電子手芸ワークショップ」を行います。

電子工作
簡単な電子回路を作って、簡単なプログラミングで制御して楽しいLEDおもちゃを作ります。電気もプログラミングも経験がなくても大丈夫です!電子工作室のAlejandro Cremades(9月より新たにStudio Kura仲間になりました!)が日本語でわかりやすく教えます。

DSC_0395_

手芸
皆さんが用意して来られた靴下にボタンを縫ったりして人形を作ります。そこに、作ったLEDおもちゃを付けます!

2012-09-10 18.32.45

日時: 9月29日 10:00〜12:00
場所: Studio Kura (福岡県糸島市二丈松末586)
対象年齢: 小学生高学年〜
定員: 10人 (定員になり次第閉め切らせていただきます)
参加費: 3,000円
お問い合わせ:

もしくはお電話で: 092-325-1773

素材
電気部品と工具はStudio Kuraにあります。糸、針とボタンもStudio Kuraにあります。皆さんの作品に個性を持たせたくて、キャンバスになる靴下や軍手はご持参お願いします。

* 電子回路の制御を行うArduinoはお持ち帰りいただけません。Arduinoをご持参、もしくは後で購入されたら(約2,520円)作品をご自宅でも動作するようにできます。Arduinoを持たずにご参加いただけますが、多分ほしくなります。

このワークショップでは電気工作と手芸の基本レベルですが、どちらかに既に自信ある方はその分野に関してすごい作品を作りながら、片方も入門レベルで楽しんで下さい。

アナログとデジタルの境、電子工作と手芸の境を一緒になくしましょう!

2012-09-10 18.01.49

講師アレハンドロです!今月から電子工作室を担当しています。宜しくお願いします。
講師の紹介ページはこちらです。

有田和樹のトーク@Studio Kura

8月4日19時から「夏休みアートの宿題」糸島歴史研究家、有田和樹のトーク@Studio Kura。昔の人たちが、どのように田植えをし、稲を刈り、どんな 道具を使って村の生活をしていたか、歴史(過去)とアー ト(現在)の橋渡しができるお話をしていただきます。
http://www.ito-artsfarm.com/natuyasumi_artshomeworks/