statement

私は、現代の高度に情報化された社会の中で、自分がいつの間にか、誰かによって作られたシステムに組み込まれていたり、管理されていることへの驚きや戸惑いがある。その空気のように見えない存在となりつつあるシステムを、絵画という古典的な手法を使って可視化することに興味がある。持つことのない質感を与えることにより、その存在を逆説的に強く意識させることが出来ると考えるからだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください