レジデンスで来蔵予定のマーティンが音楽家の方を探しています。

a situation of rumor_1

レジデンスで来蔵予定のマーティン(オランダ)が彼のプロジェクトでコラボレーションしてくれる音楽家の方を探しています。
興味ある方はぜひぜひ、ご連絡ください!!

mail@studiokura.info
TEL:092-325-1773

マーティンは今北京に住んでいるのですが、どなたか心優しい日本人の方が彼のメールを翻訳してくれています。
ありがとうございます!!

6464991699_ca2ee5ce51_b

以下彼のプロジェクトの紹介をさせてください。

Please allow me to introduce to you the project I am working on, for which I am actively looking for Japanese musicians and performers. I’d be very grateful for any help you can give.

私は積極的に日本のミュージシャンやパフォーマーを探している、あなたに私が働いているプロジェクトを紹介させてください。
私はあなたが与えることができるあらゆる助けに非常に感謝します。

End of April/beginning May 2012 I’ll be producing ‘Landscape [pieces]’ in Itoshima (near Fukuoka). For this project, we will install in an intervention-like style a number of performance-based works for acoustical instruments, speech and spatialization at secluded sites in the natural landscape of Itoshima. For example, pieces are performed with the performers spread out across a number of rice terraces, a bamboo forrest and in a bay during the upcoming tide. The works that will be performed are ‘open score’ instrumental pieces, exploring notions of structural composition, spatiality and time progression.

2012年4月の終わりから5月の終わりにかけて、私は糸島市で(福岡近辺)”ランドスケープピース”をプロデュースします。
このプロジェクトでは、我々は糸島の人里離れた自然風景の中に介入する形式で音響機器、または
音声と空間化のパフォーマンスベースの作品を実行します。例えば、ある部分は演奏者もしくはパフォーマーが田んぼ、
または竹やぶの間を交錯するように配置されて実行されます。
実行される作品は、構造組成、空間性と時間の進行の概念を探求する、”オープンスコア”のインストゥルメンタル曲です。

Attached are some sketches of possible performance situations. To get a better impression of the type of works that we will perform, please visit www.martijntellinga.nl, ‘works’ page.
You’ll find audio, text, score examples, images.

添付可能なパフォーマンス状況のいくつかのスケッチです。
我々が実行する動作の種類のより良い印象を得るために http://www.martijntellinga.nl/  をご覧ください。
オーディオ、テキスト、スコア(楽譜)、画像を見つけることができます。

The performances are done without an audience, but will be filmed/recorded and edited into a multichannel video work for later exhibition. For recording, we will use a number of experimental techniques, in order to be able to create a layering of material in the later video work.

公演は観客なしで行われますが、撮影・記録し、後で展覧会のためにマルチチャンネルビデオ作品として編集されます。
録音のために我々は、後でビデオ作品で素材のレイヤーを作成できるようにするために、実験技術の番号を使用します。

Now, I am searching for musicians and performers to work with me on this project. Strongly preferable, they have experience with interpreting and performing modern/contemporary music and sound art works, either composition- or improvisation-based.

今、私はこのプロジェクトで私と一緒に作業するミュージシャンやパフォーマーを探しています。
特に私が強く求めているのは、英語-日本語の通訳経験のある方、もしくは
現代/コンテンポラリー音楽やサウンドアートの作品(コンポジション、即興ベースのもの)を制作した経験を持っている作家さんです。

Specifically, I am looking for;
特に、私が探しているのはこれらの演奏者です。

– a group of 7 – 9 sustaining instruments (strings, woodwinds, brass, mobile keyboards, or possible bowed percussion instruments)
– 互いに影響しあう演奏のための楽器演奏者(弦楽器、木管楽器、金管楽器、モバイルキーボード、パーカッションの打楽器) 7-9人

– 4 Sho (Japanese mouth organ)
– 笙の演奏者 4人

– 4 Trombones (or 4 other identical and mobile instruments)
– トロンボーン(またはその他4つの同一の楽器)演奏者 4人

– 7 Voices (preferably no trained singers but musicians/performance artists who are comfortable using their voice for performance)
– 人声演奏者 7人(できれば声楽の勉強をしていない人で、でも作品のために声を使用することに経験のあるミュージシャン、
もしくはパフォーマンスアーティスト)

There will be 1 week of rehearsals (with 3 rehearsals for each pieces) and 1-2 filming day(s) on location for each piece. Rounding up the project, there will a public performance of 1 or 2 pieces, held at the residency place that is producing the project (Studio Kura, http://www.studiokura.info/en/)

それぞれのグループにつき、リハーサルは1週間(各作品につき3回のリハーサル)と撮影日1-2日間です。
プロジェクトについては、1,2グループがパブリックで演奏され、またプロジェクトをプロデュースしているスタジオ・クラでも開催されます
(http://www.studiokura.info/en/)。

I’ll be working in residence from half March to half May 2012. Intended is to start rehearsing half April to do the performances/film-shoots no later than the first week of May 2012. A definite schedule will have to be compiled will all participants.

私は、2012年3月中旬から5月のあいだ、スタジオ・クラに滞在します。
リハーサルは4月中旬、遅くとも5月初めの1週間には演奏と録画記録を行います。
明確なスケジュールは、参加者のスケジュールを聞いて調整する必要があります。

There is a budget available to pay all participants a fee for their work, and all their expensens during the period of rehearsals/filming. There is also some budget to cover transport from other areas than Fukuoka, in case this is necessary. So musicians living in Tokyo, or in the south of Japan, I could propose to them to come to Fukuoka and pay for their expenses.

echoes from a common source

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください