saranと和紙作りの工房にいってきました。

DSC_0054

片山先生の紹介で八女で和紙を作られている松尾和紙工房へsaranと見学へ行ってきました。和紙が出来るまでの過程を見せていただき、大変興味深かったです。

DSC_0045

DSC_0049

DSC_0052
和紙作りがすごく盛んだった80年ほど前は周辺に1000件ほどあった工房もいまでは数件に。それに伴い紙をすくための道具を作れる方もいなくなり、昔の道具を修理しながら大切に使われているのが印象的でした。

伝統的な技が時と共に失われていっている現状を聞きながら、レジデンスで来るsaranのような若くて、すばらしい才能を持ったデザイナーや作家が製品を一緒に製作したり、交流することで伝統的な技の海外での紹介や、活性化につながっていけばよいなと感じました。そのためにも私ももっと各地を回り色々勉強していかないといけないなと。

快く訪問を受け入れてくださった松尾和紙工房の皆様ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください