Julie Forguesの個展「before scape / after land = in-betweens」を開催します


現在レジデンスで滞在中の作家Julie Forguesの滞在の成果を発表する個展「before scape / after land = in-betweens」を開催します。

Julie Forgues氏はカナダのニューブランズウィック州を拠点にするオンタリオ州出身の写真家です。1995年にモンクトン大学で美術の学士号を取得し、1999年にコンコルディア大学で美術の修士号を取得しました。2002〜2005年はケベック大学モントリオール校で博士号のための教育と研究に専念しました。2000年からモンクトン大学の美術学部で写真の教員を務めています。彼女の作品はオンタリオ州、ケベック州、ニューブランズウィック州、フランスと東京で展示されてきました。

以下アーティストからのメッセージです。

「before scape / after land = in-betweens」が表すのは文化でも自然でもない場所、待機している場所です。変えられるのを待つ場所、認められるのを待つ場所、景色になるのを待つ場所。色を奪われた写真の上に、緑の点が重ねてあり、「完全なる自然の色」、純粋の自然、抑制されないを思わせます。その染みも「場所」であり、自然に包まれるのを待つ中間の場所、価値のある場所に作り変えられるのを待つ中間の場所を生成する。田んぼ、森、庭など日本のモノトーンな環境のあちこちに現れる緑の部分も、緑色に象徴されています。白黒の画像の上に緑インクの点を重ねることによって、色が画像を埋めているように、埋めようとするように、新しい中間の場所ができます。これらの画像は不正確な状態にあり、中間的な状態にあります。

Julie ForguesはSheila Hugh Mackay FoundationNew Brunswick Arts Boardの支援を得て滞在・制作しています。

sheliahughmckaylogocopy artsnb_logocolour_clean

Julie Forgues個展「before scape / after land = in-betweens」
日時:6/27(土)〜6/28(日) 11時から19時まで 入場無料
※6月27日土曜日は、15時よりオープニングパーティーを行います。

Julie Forguesの個展「before scape / after land = in-betweens」を開催します” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください