Brandon Joel Fernandes 個展「I SAW SOMETHING STRANGE: 奇妙なものを見ました」展覧会(10/24〜26)の様子

先月末、レジデンスプログラムに参加した5名のアーティストによる展覧会が行われました。
その一人である、ドバイ在住インド人アーティスト Brandon Joel Fernandesによる個展「I SAW SOMETHING STRANGE: 奇妙なものを見ました」は、スタジオクラギャラリーにて10月24日(土)から26日(月)に開催されました。

開催初日のオープニングパーティでは、多くの方々にお越しいただきました。
アーティストトークでは、展示作品をはじめ、1ヶ月という短い期間の中でどのような刺激を受け作品制作に反映されたかなど語られました。

Photo

DSC_2802
糸島の風景とともに「奇妙なもの」をデジタルイラストレーションで描き加工したプリント作品と、今回はドローイングにも挑戦しました。
ロボットやマシンのようなものが多く出現する風景は、まるで100年後の日本のようだとコメントがあり印象的でした。

Photo
トーク後、質問時間を設け、来場者の様々な質問に答えました。

Photo
滞在中、制作に集中できたと話すブランドンさん。普段2週間程度かかるイラストレーション作品を数日で仕上げることもできたそうです。

Photo
ブランドンさんのトーク後、次の展覧会に来場者の方々と向かいました。

「I SAW SOMETHING STRANGE: 奇妙なものを見ました」個展のご案内
Brandon Joel Fernandes プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください