Calum Sutherlandの個展「Plastic Beach」を開催します

flyerCalコピー

レジデンスプログラム参加作家、Calum Sutherlandによる滞在の成果を発表する個展「Plastic Beach」を2月27日(土)、28日(日)に開催します。

Calum Sutherland カルム・サザーランドは、ペインティングとドローイングに特化したアーティストです。エディンバラ出身、去秋より東京に在住しています。グラスゴー美術学校の絵画彫刻科の学士号を取得後、ロンドンの王立絵画学校にて1年間ドローイングを学びました。ロンドン、エディンバラ、グラスゴー、また昨年では日本でも作品を展示発表しています。2014年にはRSA New Contemporariesにも選出されました。

カルムは、寝室や庭、ビーチやバーなどの様々な物が人によって配置されている場所に興味があります。空間が世界の見方や理解の仕方を構成していることを言及した作品を制作発表しています。

以下アーティストからのメッセージです。

多くの物が糸島半島のビーチに打ち上げられています。本展「プラスティック・ビーチ」では、これらの打ち上げられた物が展示の基礎素材となります。ビーチは、ライフスタイルや環境主義、日本のアイデンティティーに関する理解や考えを与える存在のように思います。

Calum Sutherland 個展 「Plastic Beach」(プラスティック・ビーチ)
日時:2/27(土)〜2/28(日) 11時から19時まで 入場無料
※2月27日土曜日は、15時よりオープニングパーティーおよびアーティストトークを行います。
※2/27(土)13時半よりJeongsoo Limによるワークショップも開催予定(予約制、詳細はまもなく公開)!
※レジデンス参加アーティストのJeongsoo LimとKonstantin Grebnevによる個展も同時開催します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください