Lilly Buttroseによる展示「Mountain topography (waves)」を開催します

レジデンスプログラム参加作家、Lilly Buttroseによる滞在の成果を発表する展覧会を糸島国際芸術祭2016「糸島芸農」参加アーティストとして10月22日(土)、23日(日)および29日(土)、30日(日)に開催します。

Lilly Buttrose リリー・バットローズは、南オーストラリアのアデレード市にあるJamFactoryにて自身のスタジオを持ち制作活動を行う若手アーティストです。 テキスタイルに特化し、2014年にヴィジュアルアーツ科の学士号を修得。以降、主に南オーストラリアでテキスタイル分野での制作の機会や展示などを通してスキルを高めていきました。
アドレードにて2箇所のアーティスト・イン・レジデンスに参加後、スタジオクラが初めての国際的なアーティスト・イン・レジデンス・プログラム参加となります。

日本での滞在期間中、バットローズはこの地域がどのように自然の環境と関わりながら暮らしているのか探求します。スラジオクラ周辺の環境で生活する人々の身振りや動作に着目しながら刺繍に描写し作品制作を行う予定です。

以下アーティストからのメッセージです。

滞在中、私はここでの景色の小さな痕跡に着目し、この地域の地図のようなものを作りたいと思っていました。初めて海岸に着いたとき、まるで山の形をまねたような波の跡が砂浜に残っているのを見つけました。私がするべきことは、こうした動きを作品に反映させ再び描くことでした。

Lilly Buttrose「Mountain topography (waves)」
日時:10/22(土)、23(日)、29(土)、30(日) 11時から17時まで  
※作品鑑賞パスポート(1000円 前売り900円 小学生以下無料)でご覧いただけます。初日22日(土)オープニングツアーを実施します。 
※レジデンス滞在中の7名の展示ほか、糸島芸農に参加している国内外の約20名アーティストの作品も二丈地区の会場でご覧いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください