Lynn Looによる展示「WASHI #3」、「BAMBOO #1」を開催します

レジデンスプログラム参加作家、Lynn Looによる滞在の成果を発表する展覧会を糸島国際芸術祭2016「糸島芸農」参加アーティストとして10月22日(土)、23日(日)および29日(土)、30日(日)に開催します。

Lynn Loo リン・ルーは、1997年に16ミリ映像作品の制作を開始し、その前はシンガポールで音楽を教えていました。シカゴ・アート・インスティチュートで実験映画について学んだ後、異なるイメージと音を使ったリズム感のある詩的なナレーションを探求した映像作品を制作発表しています。

映写機を使うプロジェクションパフォーマンスを2004年に始めアート作品としての映像制作を展開。ライブパフォーマンスとしての表現方法を含め、物質としてのアナログフィルムをあらゆる面で探求しています。作品は映像の時間や空間の途切れ、再考が含まれます。同様のアプローチでギャラリーインスタレーションを発表しています。
同時期にスタジオクラに滞在しているGuy Sherwin ガイ・シャーリンとともに制作活動を行い、ヨーロッパ、米国、アジアやオーストラリアなどで複数の映写機を使用したエクスパンデッド・シネマ(拡張映画)作品を発表してきました。リンは国際芸術祭での映像プログラムのキュレーションを担当するほか、これまで多くの映像ワークショップを行ってきました。またアーティストでありながら、英国にて映像アーカイブの保存および研究のスペシャリストとして働いています。

以下アーティストからのメッセージです。

両方の作品は光や線、影や動きの組み合わせを持つ身の回りのものから刺激されたものです。作品「WASHI #3」は、16ミリフィルムに粘着性のある和紙を貼りフィルムに対して直接的な扱いをしています。一方で作品「BAMBOO #1」は竹林の光や動きの研究であり、プロジェクターでの見せ方を探求した作品になります。

Lynn Loo 「WASHI #3」(10/22、23のみ展示)、
「BAMBOO #1」(10/29、30のみ展示)
日時:10/22(土)、23(日)、29(土)、30(日) 11時から17時まで  
※作品鑑賞パスポート(1000円 前売り900円 小学生以下無料)でご覧いただけます。初日22日(土)オープニングツアーを実施します。 
※レジデンス滞在中の7名の展示ほか、糸島芸農に参加している国内外の約20名アーティストの作品も二丈地区の会場でご覧いただけます。

-リン・ルーとガイ・シャーリンはスタジオクラのAIRプログラム参加にあたり、グレイト・ブリテン・ササカワ財団より助成金を獲得しています。
unnamed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください