Lærke Lauta個展「There In The Still」を開催します

レジデンスプログラム参加作家、Lærke Lautaによる滞在の成果を発表する個展「There In The Still」を4月20日(木)~22日(土)に開催します。 Lærke Lauta レアク・ラウタは、デンマークのThe Royal Danish Academy of Fine Arts修士号を取得し、またアムステルダムのGerrit Rietveld Academyヘリット・リートフェルト・アカデミーでファインアーツを学びました。現在、デンマークのコペンハーゲンを活動拠点とし、ヨーロッパ、アジア、米国にて個展およびグループ展に参加しています。 絵画、インスタレーション、ビデオの分野で制作活動を行い、繰り返されるシーンやスローモーションのようなシーン、ループ、超現実的もしくは抽象的な一場面などの要素を用いた作品を展開します。それらの要素は、作品に古典的な物語の構造を壊す役割を担っています。 映像作品は、視覚的に絵画と関連し、Lærkeにとって絵画はしばしば映画の物語のワンシーンのような一面を持っています。 以下アーティストからのメッセージです。
スタジオクラに隣接する伝統的な和室でビデオ作品「Triad」と滞在中に制作した絵画を展示します。 絵画は大きな油彩画を学ぶための制作物となります。
Lærke Lauta 個展「There In The Still」 日時:4月20日(木)~22日(土)11時~18時 入場無料 ※4/22(土)15時よりクロージングパーティー及びアーティストトークを行います。 ※他10名のレジデンス滞在アーティストの展覧会も同時開催します。

このカテゴリでの人気の記事: