Laurence O’ Toole個展「Understanding 」を開催します

レジデンスプログラム参加作家、Laurence O’ Tooleによる滞在の成果を発表する個展「Understanding」を4月22日(土)、23日(日)に開催します。

Laurence O’ Toole ローレンス・オ・トゥールは子供時代から油絵制作を行い独学で学んだアーティストです。これまでアイルランドをはじめ海外でも数多くの個展やグループショーを行ってきました。作品は、アイルランドほか海外の公的または私的コレクションに多数所蔵されています。
「人々の条件」に着目し、物事を行う際の「なぜ」や、その条件が「どのように」私達を影響するのか、ローレンスは明確かつ興味深い物語を通して表現を探求しています。彼は日常の一コマを絵として切り抜き、高度な写実的表現を得意としています。

以下アーティストからのメッセージです。

作品は、人生の物語を扱っています。なぜ私たちは何かするのか、何をしているのか、どのように人と関わり、またなぜ関わらないのかを解いていきます。 常に人間の精神を描こうと試み、そして精神性に興味を持つ自分自身や、この世界にいる私たちの存在、つながり、場所から生まれる精神性を見つけようとしています。
私は現在、自分の制作、物語、動き、色、物事の中核、魂の重要なものに集中しながら生活しています。それらは私たちにあらゆる形で影響を与える根本的な問題であり、私はそれらを描くことに挑戦しながら同時に美しい何かを描き終えることを目指しています。

Laurence O’ Toole 個展「Understanding 」
日時:4月22日(土)、23日(日)11時~18時 入場無料
※4/22(土)15時よりオープニングパーティー及びアーティストトークを行います。
※他10名のレジデンス滞在アーティストの展覧会も同時開催します。

このカテゴリでの人気の記事: