Maria Fernanda Carlosの個展「Today I will say less 今日、多くは語らない」を開催します



レジデンスプログラム参加作家、Maria Fernanda Carlosよる滞在の成果を発表する個展「Today I will say less 今日、多くは語らない」を1月27日(土)、28日(日)に開催します。

Maria Fernanda マリア・フェルナンダは、絵画、インスタレーション、写真など多分野で制作活動を行うグアテマラ在住のアーティストです。 ロンドン芸術大学チェルシー・カレッジ・オブ・アーツ校のポストグラデュエート・ディプロマ課程を2009年に取得。英国、米国、メキシコ、ペルー、コロンビア、中米全土で作品を発表してきました。

東洋の哲学に触発され、ハーモニー、カオス、秩序、充足感、空虚、構造、騒音、虚空(ヴォイド)などの概念が作品に取り入れられています。 彼女は、どのように作品が向き合うか、異なる様々な概念とのバランスを見つける制作に関心があります。

以下アーティストからのメッセージです。
私は、滞在制作する1ヶ月前に日本の各地を訪れ、そこで見られる様々な日本文化を体感しました。

日本の様々な建築家、禅園、日本人の振る舞いや優しさ、マナーや物腰の柔らかさ、この文化における物事の調和の重要性にとても魅了され、自身を観察し始めました。

すると私のジェスチャーや感情は表現力がより豊かで、大声でよく笑っていることに気付きました。ラテン文化の背景から来たものか、もしくは自分自身から来るものなのか考えるようになりました。

そうして日本に触発され、私は多くを語らずよく観察することにしたのです。
Maria Fernanda Carlos 個展
「Today I will say less 今日、多くは語らない」

日時:1/27(土)、28日(日) 11時から18時00分まで 入場無料
※1月27(土)15時30分よりオープニングパーティー及びアーティストトークを開催。
※その他4組のレジデンス滞在アーティストの展覧会は、ページ左画面よりご確認ください。

このカテゴリでの人気の記事: