Sarah Thibault 個展「Landscape Living Room」を開催します

現在レジデンスで滞在中の作家、Sarah Thibaultの滞在成果を発表する個展「Landscape Living Room」を3月24日(土)、25日(日)に開催します。

Sarah Thibault サラ・ティボは、カナダのケベックに在住するビジュアルアーティスト。彫刻とジュエリーでの制作経験を持ち、様々な媒体で制作を試みています。これまでモントリオール、トロント、レヴィスにて個展およびグループ展に参加。またカナダのアーティスト・イン・レジデンス・プログラムに参加してきました。
視覚文化の力と流用に影響を受けた作品が多く、その力と私たちの関係性を問うエンパワーメントの取り組みに根ざした制作展開を行っています。
あるフェミニストの格言「個人的なことは政治的なこと」を元に制作を続けるサラは、個人と公共のぼやけた境を示すため、独自の文脈でインテリアや身体装飾の言及を多用します。

以下アーティストからのメッセージです。

このプロジェクトは、サイトスペシフィックなインスタレーションで構成されています。 稲わらと家具を用いて、外と家で見られる空間を探求します。
親密さと誇張さが向かい合うあいまいなシーンを作ることで、自然環境と家内を分ける不明確な境目を探求します。



_DSC4293

Sarah Thibault 個展「Landscape Living Room」
日時:3/24(土)、25(日) 11時から18時まで 入場無料
※3月24(土)15時30分よりオープニングパーティー及びアーティストトークを開催。
※他8名のレジデンス滞在作家の展覧会はページ左画面よりご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください