Alexis Hill 個展「Burnables: 可燃物」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中の作家、Alexis Hillの滞在成果を発表する個展「Burnables: 可燃物」を5月26日(土)、27日(日)に開催します。

Alexis Hill アレキシス・ヒルは、米国のニューハンプシャー州ハノーバーに活動拠点を置く版画家です。ダートマス大学にて芸術学部の学士号を2017年に取得、中東研究と美術制作ほか版画を学ぶ。現在は母校の美術制作科に勤務しています。
作品は屋内とその形状、また人物に特化し、抽象さや物々が重なり合う様子と形や表面の質感との関連性を扱います。木版画での制作が主で、シンプルな制作方法で水性と油性のインクを使用します。

以下アーティストからのメッセージです。
「Burnables: 可燃物」では、記憶を通して馴染みのないものを視覚化し、複数の媒体で探求した作品を展示します。
絵画と版画は屋外で観察したものを捉え、外国人として日本で暮らす感情や理解の距離を制作工程で反映させ表現します。 たとえば版木の表面に絵の具を置き、摺ることで紙に浮かび上がりモチーフが仕上がる版画。コラージュすることで複数のモチーフを集め、組み合せで作品が出来上がっていく制作方法など。
建築と空間の抽象化は、潜在的な記憶の表面を強化します。使い捨てできる控えめな素材のアンバランスさと破壊を通して、個人的かつ(作家にとって)独特のものへの問いかけを表現します。

IMG_20180518_161528

Alexis Hill 個展「Burnables: 可燃物」
日時:5/26(土)、27(日) 11時から18時まで 入場無料
※5月26(土)15時30分よりオープニングパーティー及びアーティストトークを開催。
※他のレジデンス滞在作家の展覧会はページ左画面よりご確認ください。

このカテゴリでの人気の記事: