Lisa Fong 個展「Above Water, Below Ground」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中の作家、Lisa Fongの滞在成果を発表する個展「Above Water, Below Ground」を8月25日(土)、26日(日)に開催します。

カルフォルニアのベイエリアに拠点を置くリサ・フォンは、ドローイングとペインティングをメインに制作活動しながら紙や布などの工芸素材を用いた制作も行っています。 サンフランシスコに位置するカルフォルニア大学美術大学絵画科の学士号を2018年に取得。芸術団体「the Rawartist Organization」によりサンフランシスコほか複数の都市にて作品展示を展開しています。

以下アーティストからのメッセージです。

カリフォルニア州バークレーに生まれ、広東系の家庭で育ったリサは、自身の二重性の関係を織り交ぜた作品を発表しています。
本展「Above Water, Below Ground」では、言葉の違いを感じた光景に耳を傾け、スタジオクラの近くにある田園を用いてそうした音を描いていきます。母親が育った農村部の村の写真を参考にしたドローイングとペインティングは、親しみや愛着などを着目し、再構築することに焦点を当てています。日本の福岡で滞在中に聞いたことや理解したことをベースにして、人々の言葉を強調する刺繍表現も用いています。
Lisa Fong 個展「Above Water, Below Ground」
日時:8/25(土)、26(日) 11時から18時まで 入場無料

※8月25(土)17時~オープニングパーティー及びアーティストトークを開催。
※他のレジデンス滞在作家の展覧会はページ左画面よりご確認ください。

このカテゴリでの人気の記事: