James Wylie 個展「ぐるぐると登り続けること」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中のJames Wylieの滞在成果を発表する個展「ぐるぐると登り続けること」を11月23日(金・祝)~25日(日)に開催します。
*個展とあわせて、ジェームスさん紹介によるニュージーランドのビデオアート上映イベントを開催します(詳細は個展情報の後に記載)。

James Wylie ジェームス・ワイリーは、マオリ語名「アオテアロア」ことニュージーランドに活動拠点を置くビデオアーティストです。オークランド国立芸術大学ELAMで美術修士号を2018年に取得、アオテアロアほか国際的に作品上映されています。テクノロジーが私たちの体や風景にどのように影響するかを探究した作品制作に取り組んでいます。
2014年、ワイリーは鳥取県の農村部に2年間ほど住みながら、里山独自のリズムに特化した作品を制作してきました。里山には、天候や季節のサイクルによって柔軟に変動する時間が存在し、またそのサイクルは現代の技術によって抑圧されようとしています。より広い生態系との共生関係を促し、特有の景観を守りながら受け入れるべき関係である里山について再考させる作品を展開しています。

以下アーティストからのメッセージです。

「ぐるぐると登り続けること (round and round, up and up)」は、色々な場面や場所での努力を捉えた作品です。この作品のインスピレーションは、人間と自然の共生の理想を試みる里山から始まりました。 里山が保護と忍耐によって価値が守られ、維持発展していくことを肯定的に見守っています。

急速な技術の進歩により、私たちは何度も同じところを回りながら進み、途中で多くの間違いが起こりがちです。里山はこの騒乱(嵐)の外に存在し、持続可能な理想の証と言えます。 しかしながら、このビデオ作品はこうした嵐の中に焦点を合わせ、私たちが急ぎ奮闘する瞬間を捉え、価値を掴みとろうとしています。
James Wylie「ぐるぐると登り続けること (round and round, up and up) 」
作品ジャンル: ビデオ
展示会場: スタジオクラギャラリー 
日時:11/23(金・祝)~25(日) 11時から17時まで  
アーティスト・トーク:11/23(金・祝)13:30~

※他のレジデンス滞在作家の展覧会はページ左画面よりご確認ください。

-------------特別イベント開催決定!-------------



ジェームスさん紹介による「アオテアロア・ニュージーランドのビデオアートの今」上映イベントを11/23(金・祝)および24(土)15:30より開催します!

ジェームスさん本人の作品ほかニュージーランドで制作活動を行う6名のアーティストによる近年のビデオアート作品を上映します(約45分程度)。
初日23(金・祝)は13:30~のオープング&アーティストトーク後に開催しますので、この機会にぜひお越しください(入場無料)!

「アオテアロア・ニュージーランドのビデオアートの今」上映イベント
展示会場: スタジオクラギャラリー 
日時:11/23(金・祝)、24(土)ともに15:30~ 
*23日はアーティスト・トーク後に開催予定。  

このカテゴリでの人気の記事: