Zhongsheng Gu 個展「冬至 」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中のZhongsheng Guの滞在成果を発表する個展「冬至」を12月22日(土)~24日(月・祝)に開催します。

Zhongsheng Gu チョンション・グーは、写真家および視覚芸術家です。中国と北朝鮮の国境にある小さな町、延吉で育ち、2013年より渡米し現在ニューヨークに在住。彼の真の母国語また視覚的な言語として写真を用い、ニュアンスや意味を捉え、叙情的な作品を展開します。コミュニケーションの手段としての写真の可能性を探求しています。
作品の焦点は視覚的な何かを捕らえること以上に、目に見えないものを捉えたいと思っています。おそらく彼だけが見ることのできるもの、あるいは私たちの思い出の中で起こるものなどです。


以下アーティストからのメッセージです。

今年の冬至は展覧会が開かれる同じ日、12月22日になります。これは東アジアで最も重要な行事の一つです。
冬至は宇宙のバランスと調和に関する陰陽哲学までさかのぼることができます。この日が過ぎると昼間の時間が長くなり、ポジティブなエネルギーが流入します。
個展「冬至」は、自身の希望そのものであり、私が見たこと、ここで経験したことを捉えたものです。
Zhongsheng Gu「冬至 Winter Solstice」
作品ジャンル: 写真
展示会場: 第2スタジオ 
日時:12/22(土)~24(月・祝) 11時から17時まで  
アーティスト・トーク:12/22(土)15:30~

※他のレジデンス滞在作家の展覧会はページ左画面よりご確認ください。

このカテゴリでの人気の記事: