Jessica Auer and Zuhaitz Akizu 個展「Big fish like a hill」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中のJessica Auer and Zuhaitz Akizuの滞在成果を発表する個展「Big fish like a hill」を12月22日(土)~24日(月・祝)に開催します。

Jessica Auer ジェシカ・アワーは、カナダのモントリオール出身のビジュアルアーティスト、写真学教授です。作品は歴史、場所、旅、文化体験を結ぶテーマに焦点を当て、文化的な場所としての風景の研究に広く関わっています。

Zuhaitz Akizu スワイツ・アキスは、アイスランド在住のバスク出身のアーティストです。歴史や考古学、収集の背景を持つスワイツは、主に歴史的なイメージ・メイキングの方法を用いて制作する独学の写真家です。

ジェシカとスワイツは東アイスランドの写真の歴史に触発され、アナログ写真スタジオと研究センターとしてアイスランドのセイジスフィヨルズルにStröndinStudioを設立しました。


以下アーティストからのメッセージです。

スタジオクラでの滞在制作中、日本芸術における鯨文化を調べています。この研究を通じて、日本人と鯨の密接な関係や日本の捕鯨文化の関わりを知りたいと思っています。
私たちの探求は、スタジオとフィールドワークの両方で展開され、人々と鯨の関係を語る新しい作品制作に取り組んでいます。
Jessica Auer and Zuhaitz Akizu「Big fish like a hill」
作品ジャンル: 視覚芸術
展示会場: 第2スタジオ 
日時:12/22(土)~24(月・祝) 11時から17時まで  
アーティスト・トーク:12/22(土)15:30~

※他のレジデンス滞在作家の展覧会はページ左画面よりご確認ください。

このカテゴリでの人気の記事: