Kyle Bates 個展「Second Self 」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中のKyle Batesの滞在成果を発表する個展「Second Self」を12月22日(土)~24日(月・祝)に開催します。

Kyle Bates カヨ・ベイツは太平洋北西部に拠点を置くミュージシャン、オーディオ・ビジュアル・アーティスト、作家です。ポートランド州立大学で音楽と英語の学士号を2015年に取得。姉妹プロジェクト「Drowse」「Floating Room」や、The Flenser、The Native Sound、Good Cheer Records、Glowing Window Recordings、Apneic Void and Televisionなどの広範囲なプロデュースを行う制作や演奏活動はNPRやVice、Spinなどのメディアから注目されています。現在、ポートランドを拠点に活動しています。


以下アーティストからのメッセージです。

双極レンズを通して見える物理世界との結びつきと隔たりを考察する視聴覚作品「Second Self」を発表します。 ビデオは、内面のマッピングと文章のように自己を読みとる作品制作に則っています。聞こえる音は音楽的な奇妙な谷へと深く吸い込まれていきます。 作品の大部分は、物理的なものと内面的なものとの関係を探る美しい環境がある糸島のスタジオクラでの滞在制作中に制作しました。
Kyle Bates「Second Self」
作品ジャンル: オーディオ・ビジュアル・インスタレーション
展示会場: スタジオクラギャラリー 
日時:12/22(土)~24(月・祝) 11時から17時まで  
アーティスト・トーク:12/22(土)15:30~

※他のレジデンス滞在作家の展覧会はページ左画面よりご確認ください。

このカテゴリでの人気の記事: