Jordana Infeld 個展「重なり」を開催します

現在スタジオクラで滞在制作中のJordana Infeldの滞在成果を発表する個展「重なり」を2月23(土)および24日(日)に開催します。

Jordana Infeld ジョルダナ・インフェルドの作品は、芸術、デザイン、執筆など学際的なアプローチを用います。在住するメルボルン市にあるディーキン大学文学研究科学士号を取得。また、京都の川島テキスタイルスクールにも在学した経験を持ちます。テキストとテキスタイルの物質的なつながりと、これらの形態がいかに物質性と時間との関係を探求できるか関心を寄せています。

自分の織りを通して時間のかたちを見せたいと思っていましたが、織っている間、時間というものに十分に強く意識する準備ができていませんでした。
そのため、時間を無視するように一生懸命に努力して普段どおりに織りました。しかし、私が構成した実験的な織り制作をしながらも、時間という枠から外に踏み出すことはありませんでした。

Jordana Infeld「Layers: 重なり」
作品ジャンル: 織り

日時:2/23(土)、24(日) 11時から18時まで  
アーティスト・トーク:2/24(土)15:30~

※他のレジデンス滞在作家の展覧会はページ左画面よりご確認ください。