Debbie Donnelly 個展「Moving Continents series #2」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中の作家、Debbie Donnellyの滞在成果を発表する個展「Moving Continents series #2」を9月22日(土)~24日(月・祝)に開催します。

Debbie Donnelly デビー・ドーネリーは、ヴィクトリア大学ウェリントン教育学部修士号を取得、Te Auaha Whitireia NZ Institute for Creativityのポスト・グラジュエイト過程を修了し、応用美術を専門に講義を行う指導者およびアートテキスタイルのスペシャリストです。
2018年のニュージーランド日本交換プログラム、Creative NZおよびアジア・ニュージーランド財団の助成金受賞者となり、文化的交流を体験する機会と刺激を得ることができました。文化的アイデンティティーの解釈に着目した新しい作品は、移住や状況的依存性を交差しています。
学際的なアーティストであるドーネリーは、オートエスノグラフィー(auto-ethnography)を作品に用いており、社会的および環境的な状況において他者といる際の自己の状況(的依存性)を分析した自伝的な省察および著述を扱います。

以下アーティストからのメッセージです。

糸島で滞在制作を行う前に、日本人である母の家族「世嗣 よつぎ」一家の歴史や自身のルーツをたどり、広島県の竹原市や呉市などの場所を巡りました。
こうした自身のルーツを巡り、それを作品表現する一連の経験は、生活環境や25年から75年の間に失われ新たに築いた家族の絆の強さが明らかになりました。 日本にいる家族のつながり、そしてニュージーランドに移住してきた話は、新しい世代の間で高い関心があります。
中堅アーティストとなった今、日本での様々な探求を振り返り、家族や友人から提供された失われた写真や手紙、ポスターなどの歴史的な様々なモノ、今現在、そして幼少時代の思い出などを交ぜ合わせた作品をお見せします。
続きを読む Debbie Donnelly 個展「Moving Continents series #2」を開催します

レスリーさんに学ぶリノリウム版画ワークショップ9月24日(月祝)13:00~開催! 

イギリスからのアーティスト、レスリーさんによる本格的なリノリウム版画ワークショップを開催します!

木版画より彫りやすいリノリウムで、オリジナル版画を作ってみませんか?
入門編なので、制作したことがない方でも楽しく制作できます!

_DSC7419

レスリーさんに学ぶ リノリウム(リノカット) 版画ワークショップ 
日時: 9月24日(月・祝)13時〜17時ごろ
*事前予約願います。

講師: Lesly Patricia Holliday レスリー・パトリシア・ホリデー
会場: 糸島市二丈松末586 スタジオクラ(門を抜け、左の建物で行います)
最寄り駅:JR筑肥線 一貴山駅 徒歩20分 
対象: 8歳以上   
最大参加人数: 10名 (9/18時点 残り4名参加可能)   
参加費: 無料 
持ち物: 彫ってみたい簡単なイメージ、イラスト。よごれても良い服装。

予約申込・お問い合わせ:
メール: info@studiokura.com 
電話: 092-325-1773  

_DSC7420

当日は11時~18時まで6名のアーティストによる展覧会も開催中。
レスリーさんの展覧会もご覧いただけます。ぜひご予約お待ちしております!

Lesly Patricia Holliday 個展「SKIES, KITES & CRABS」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中の作家、Lesly Patricia Hollidayの滞在成果を発表する個展「SKIES, KITES & CRABS」を9月22日(土)~24日(月・祝)に開催します。

Lesly Patricia Holliday レスリー・パトリシア・ホリデーはイギリスの芸術学校にて5年間学んだ後、Aレベルの学生や大人に向けた芸術および美術史を教えていました。 公的および私的コミッションより作品制作を続け、マンハッタン、フランス、イギリスのギャラリーにて展示を発表しました。最近 the Wilkin-Chapman and the Maggie Dean awardsの絵画部門で受賞し、リンカーンで展示を行いました。

「私は、私の周りの世界に目を向けています。鮮やかな色彩でなく、特に微かな色調で統一されたものに関心があります。写実的で伝統的な技法を持つ画家で、絵と印画が好きで日々制作に取り組んでいます。幼少時より日本を3度訪れ、日本の人々や文化に深い憧れと愛を感じました。」

以下アーティストからのメッセージです。

スタジオクラに到着したとき非常に蒸し暑かった天気は、豪雨から強い風まで常に変化しています。
散歩していたとき、私は小さな凧を飛ばそうとしている幼い男の子を見つけました。とても興味をそそられました、なぜなら野外で遊ぶ子供たちの絵画シリーズを現在制作しているからです。
私が持ってきた制作材料は限られています。私は乱気流のモノプ​​リントを作り始めました。その間、私のスタジオにカニ達が出入りしていたので、カニをスケッチする機会を得ました。
何らかの形で、空、カニ、凧を絵画と版画で組みあせた作品を制作したいと思っています。 そして滞在制作後もこのテーマをさらに発展させていく予定です。
続きを読む Lesly Patricia Holliday 個展「SKIES, KITES & CRABS」を開催します

児玉梨乃 個展「Homecoming」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中の作家、児玉梨乃の滞在成果を発表する個展「Homecoming」を9月22日(土)~24日(月・祝)に開催します。

児玉梨乃は、カリフォルニア州サンタクララに住む20歳のアーティストです。現在、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の第3学年在学中、ファインアーツ科およびアジア系アメリカ人研究科を専攻しています。日本人の両親のもとに生まれたリノは、シンガポール出身、カリフォルニア育ちのため日本に住んだ経験がなく、今回の1ヶ月間の滞在が実りあるものになることを期待しています。

制作は絵画、写真、ウェアラブル・アート、パフォーマンスなどを複数のジャンルを横断した制作を展開し、多国籍の家族や日本のディアスポラを巡る話を伝えます。これまでロサンゼルスとシアトルにて作品発表を行いました。

以下アーティストからのメッセージです。

Homecomingとは、新しい学年を祝うために家族や友人と秋頃に再会するアメリカの伝統行事です。今回の展覧会のタイトルは、Homecoming=帰郷という文字通りの意味合いで使います。
日本の両親のもとでシンガポールで生まれ、カリフォルニアで過ごした私にとって、「home=家」は多くの人、場所、大切なものに根ざしています。この展覧会は、私のディアスポラな心を広げ、多国籍家族とはどのようなことか、心安らぐ食べ物や親族からのお下がりなどを通して愛する気持ちを表現します。
続きを読む 児玉梨乃 個展「Homecoming」を開催します

Davin Saputra 個展「Figure in Filaments」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中の作家、Davin Saputraの滞在成果を発表する個展「Figure in Filaments」を9月22日(土)~24日(月・祝)に開催します。

Davin Saputra ダフィン・サブトブラは、インドネシア出身の3Dアーティストです。 シンガポールの3dsense Media Schoolに今年卒業し、スタジオクラ滞在制作終了後は、ゲーム業界にてジュニア向けの3Dキャラクターモデラーとして働きます。

フィギュア彫刻、肖像画、解剖学の研究を含むキャラクターアートの制作に興味を持ち、これらの基礎を強化する制作に現在取り組んでいます。

以下アーティストからのメッセージです。

本展では、人物彫刻のリサーチと初めて3Dプリンターを制作した作品の成果をお見せしたいと思います。 下絵から彫刻の一部をパソコン上でまず作成し、一部を組み合わせ、表面を整え、3Dプリンターで印刷する制作工程の一部も合わせて展示します。3Dプリンターは通常、印刷に時間がかかるので、私がパソコン上で制作したすべての人物彫刻は印刷されないかもしれませんが、展示では研究の一部を発表します。
続きを読む Davin Saputra 個展「Figure in Filaments」を開催します

Eleonora Allan 個展「 Entre Deux 」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中の作家、Eleonora Allanの滞在成果を発表する個展「Entre Deux」を9月22日(土)~24日(月・祝)に開催します。

Eleonora Allan エレノーラ・アレンは、ドローイング、映像、パフォーマンスアートなどで表現する多分野横断型アーティストです。モントリオールのコンコルディア大学美術制作(スタジオアーツ)科の学士号を取得しました。

解離的な感情に支配された宇宙の創造をテーマにした作品を展開し、外界との関係を理解するために制作しています。答えでなくその存在自体を探求しています。
主題は内向的で親密な感情や、文化の定義、文化に関する個人的な体験を通して影響される人格など、より哲学的な問いかけまで様々です。

以下アーティストからのメッセージです。

この不在は囁き声のように感じることができた。霧から霧に遭遇した思い出に手を確かに携えた運命への微かな呼びかけのように。
続きを読む Eleonora Allan 個展「 Entre Deux 」を開催します

Caitlin Bowe 個展「keep me far from harm and fault」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中の作家、Caitlin Boweの滞在成果を発表する個展「keep me far from harm and fault」を9月22日(土)~24日(月・祝)に開催します。

Caitlin Bowe ケイトリン・ボウは南オーストラリアのアデレード在住の若手アーティスト、主に彫刻の分野で創作活動を行っています。 アデレードの芸術大学Adelaide Central School of Artで2017年に学士号を取得し、第一級優等学位で卒業。

ボウの作品は、神話的な物語とビクトリア時代のモーニング(Mourning 喪に服す習慣や服装)の美を通して個人的なトラウマを表現しています。神話的なシンボルが微かに個人的および文化的な意味を作り出すために使用されるように、鋳造技術やテキスタイル技術を用いることで身体的な恐怖はひろがり、誇張されています。彼女のトラウマと関わる物語のテーマを見つけることによって、これらのテーマを融合させ、より大きな文化的文脈の中で自身を位置づけていきます。

以下アーティストからのメッセージです。

日本に滞在中、私は信念と保護(守られること)の象徴を神社やお寺などで見つけ考察してきました。特定のイメージや物、儀式によって、私たちがコントロールできない物事から身を守り、無事に過ごすことができます。
守られることの意味や信念をテーマに、自身の民族的背景であるケルト遺産の象徴と日本の象徴するイメージを組み合わせた立体彫刻作品をお見せします。
続きを読む Caitlin Bowe 個展「keep me far from harm and fault」を開催します

Herman Verhagen 個展「on nature on porcelain」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中の作家、Herman Verhagenの滞在成果を発表する個展「on nature on porcelain」を8月25日(土)、26日(日)に開催します。

J.C. Herman [J.C.ヘルマン]は、Herman Verhagen ヘルマン・バハマンのアーティスト名です。
オランダ、アムステルダムのヘリット・リートフェルト・アカデミーに2003年に卒業後、彼はJ.C.ヘルマンの名で映像作家として活動。クレイアニメーションと3Dアニメーションに携わった数年後、彼はクレイアニメーションから陶芸へと関心を移し、2011年に陶芸工房「J.C. HERMAN Ceramics」を開始しました。
美術と陶芸の制作では、非常にミニマルなアプローチを行います。
「消失・出現」と「無意味・意味」に魅了され、ビデオ作品では「消え方」について問題を探求してきましたが、陶器作品では特定の意味がないものを制作するための完璧な表現を見出しました。

以下アーティストからのメッセージです。

'on nature on porcelain'はジオラマです。コバルトブルーの水彩画で描かれた花や鯉、自然のアニメーションが磁器で作られた日本の風景に投影されます。
そこには真実と詩が映し込まれています。
続きを読む Herman Verhagen 個展「on nature on porcelain」を開催します

Carol Swain 個展「Seeing Again, Making Again, Breathing Again」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中の作家、Carol Swainの滞在成果を発表する個展「Seeing Again, Making Again, Breathing Again」を8月25日(土)、26日(日)に開催します。

Carol Swainキャロル・スウェインは、ビクトリア州北西部の小さな田舎町キャッスルメインに在住するビジュアルアーティストです。メルボルンのビクトリア・カレッジ・オブ・ザ・アートで現代美術の修士号を2012年に取得。 2011年にビクトリアン・カレッジ・オブ・ザ・アートのPost Graduate ShowにてLangridge Oil Painting Awardを受賞。作品は、メルボルンとキャッスルメインの様々なアーティストスペースやギャラリーでグループ展および個展で作品を発表しています。
作品は自然環境における抽象的な形を探求し、色の微妙なニュアンスや、空間や形に色がどのように影響するか表現しています。水平や遠近で見る視点でなく、彼女の想像力のレンズに映る風景を体感し表現します。

以下アーティストからのメッセージです。

場所は、様々で多様な見方を提供してくれます。見て呼吸を吸って、解釈しながら呼吸を吐きます。息を吸って制作し、息を吐いて印や色を足して、再び息を吸うのです。
続きを読む Carol Swain 個展「Seeing Again, Making Again, Breathing Again」を開催します

Fiona Templeton 個展「a walk in Shiraito」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中の作家、Fiona Templetonの滞在成果を発表する個展「a walk in Shiraito」を8月25日(土)、26日(日)に開催します。

Fiona Templeton フィオナ・テンプルトンはパフォーマンス、インスタレーション、そしてライティングに特化した作品を制作しています。スコットランド出身、現在はニューヨークに在住しパフォーマンスグループ「The Relationship」のディレクターを務めています。 2017年、ロンドンのギャラリーRaven Rowにて、「Theatre of Mistakes」ほか初期作品の回顧展を開催しました。
彼女は時間や空間、言語、そして創造と観覧の様々な段階での参加者との関係を素材として用います。受賞した「YOU-The City:マンハッタンでの聴衆のための親密な演劇」、フランスのリール市民の夢を再現した「L’Ile」のようにパフォーマンスは時に大規模なものでもあります。また、関係や知覚について興味にも関心を持ちはじめ、テーマとして作品に取り入れていきます。

以下アーティストからのメッセージです。

小さな空間で行われる観客のための旅。
近くの白糸の滝に触発され、白い糸(白糸)を使用します。また福島県会津市にある国の重要文化財である「さざえ堂」正式名称:円通三匝堂(えんつうさんそうどう)からも触発されたインスタレーションおよびパフォーマンスを松末天満宮のお宮にて発表します。
続きを読む Fiona Templeton 個展「a walk in Shiraito」を開催します