国東半島芸術祭でのワークショップの様子

こんにちは!昨日待望の第二子松﨑壱慧(いっけい)が生まれ、喜びと共にさらなる責任感で身も引き締まる松﨑です。 先日国東半島芸術祭であったイベントの様子を紹介します。最初は国東市竹田津にある保育園で幼児向けワークショップをしましたよ! IMG_20141031_101925 別府プロジェクトのジュリさん、市役所の安森さんにお手伝いして頂き子供達といろんな模様と形を組み合わせてコラージュ作品を作りました。 続きを読む 国東半島芸術祭でのワークショップの様子

狩猟家牧裕晶さんと歩く糸島芸農 第3回イナリウォーク 無事終了いたしました。

先週末あった狩猟家牧裕晶さんと歩く糸島芸農 第3回イナリウォーク。 山に登る前に猟のことや山に住む生き物のことなど、牧さんが用意してくださった資料を見ながらお話を聞きました。 ハンターの目線で山を歩くと、本当に今まで何度も歩いた山が全く違うものに見えました。改めて山には色んな生き物が生きているのだと実感しました。 牧さんと歩き始めて1分。いきなりアナグマの巣発見!アナグマの巣がものすごく長いことなど聞いて一同たいへん感動しました。 その横を振り返ると「おお、きくらげも!」帰って食べるのにもって帰ります。 「ここは獣道ですね。」と牧さん。おお、本当だ明らかに獣が通った後が見えてくる。 もしかしてここも!?「そうですよ〜」と牧さん。だんだん僕らにも獣道が見え始めます。 イノシシが牙を研ぐのに使った木。 泥を擦りつけた木。地面をほじくり返した後。 今まで全く気が付かなかったけどずっとそこにあったんだーと。 山から降りてきて、牧さんが用意してくださった山の恵みを頂きました。 牧さん、素晴らしい山歩きとお話、本当にありがとうございました。

糸島芸農 第3回イナリウォーク 〜狩猟家(ハンター)と歩こう〜  参加募集中です!

いやー秋の本番に向けて徐々に慌ただしくなってきました、糸島芸農。 今回で三回目の稲荷ウォークは糸島在住の猟師、牧裕晶さんと稲荷の山を歩きます! 稲荷の山には、イノシシやアナグマなど多くの野生動物が生息しています。私たちが何気なく通る山道も、狩人の目線で観ると獣道や巣穴、餌場などが多くあることに気付かされます。人が山に入らなくなった現在、山が抱えている問題などをハンターの視点でお話してもらい、実際山を歩きながら観察します。 みなさんのお越しをお待ちしています!! 第三回イナリウォーク「狩猟家(ハンター)と山を歩こう」 日時:2014年6月28日(土)14:00~ ※2時間程度 会場:松末権久郎稲荷(福岡県糸島市松末地区) 集合時間:13:30 料金:600円(保険代、運営費として) 準備:山に入りますので、長袖、長ズボン、首を隠すためのタオル等、足元が隠れるような靴でのご参加、また蚊取線香やスキンガードなどの防虫対策をお願いします。 お願い:本ワークショップは害獣駆除や狩猟を目的としたものではありません。その旨ご理解いただいた上でご参加ください。 案内人:牧裕晶さん(ハンター) 参加申し込み、お問い合わせ先:http://www.ito-artsfarm.com/contact/ ※保険の関係から、参加希望の方は事前に申し込みをお願いします。 牧裕晶さんプロフィール 1970年福岡県北九州市生まれ。香川大学大学院生物資源科学科修了。糸島猟友会所属。有害鳥獣捕獲隊隊員。ハンターである父親の影響を受け、幼い頃から山や海など自然とそこに棲む生き物と親しみながら育つ。途絶えつつある狩猟文化を継承するために、猟友会の若手のホープとして各地で狩猟を行う。長年の経験がものをいう狩猟の世界において、先輩ハンターからの教えを受けながら先達の知恵と経験を学ぶために奮闘中。 稲荷山を下調べ中の牧さん。何をみつけたのでしょうか? 【イナリウォークとは】 今年度の糸島芸農は「稲荷」がテーマです。 糸島市二丈松末地区に伝わる農耕儀礼や伝承を調査する「イナリサーチ」をメインに活動を行っています。 活動の中心となる「松末権久郎稲荷」の裏には田の神が住んでいたと言われている山があります。 そのイナリサーチのスピンオフ企画として「イナリウォーク」を定期的に開催中です。 要は活動拠点となっている「松末権久郎稲荷」の裏山をアーティストやスペシャリスト達と歩いてみませんか?というもの。 私達とは異なる視点を持ったアーティスト達をナビに迎えて、祠が点在する山や農道を散策すれば、様々な発見があります。 その気づきをアーカイブにし、秋の展覧会へと繋げるのもこのイナリウォークの目標でもあります。 ということで参加者もこの糸島芸術祭を作るピースのひとつなんです。

Lionel Lim SAYONARAパーティーのご案内

Photo シンガポールの若手3DモデラーLionel Limが紙に3Dを表現したくて、「千と千尋の神隠し」の千尋の3Dモデルをペーパークラフトで作っています。ポリゴンを少なくしても、手作りになると大変らしいです。 Photo プロジェクトはまだ進行中ですが、滞在期間は残りわずかです!ということで、日曜日はLionelさんのSAYONARAパーティーを開催します。 Lionel Lim SAYONARAパーティー 作品が出来上がっていたら見られますし、まだでしたら制作風景を楽しむことができます。 あと、たこ焼きあります! 日時: 5月18日(日)17:00〜 場所: Studio Kura お問い合わせ先: スタジオ クラ 福岡県糸島市二丈松末586 Tel.: 092-325-1773 (担当:松崎) メール: mail@studiokura.info Lionelさんの出発(火曜日)までオープンスタジオになっていますので、紙で3Dを表現するLionelさんの制作風景を見に来てください!

矢作隆一さんのカレーワークショップandメキシコ美術トークの様子

image   矢作隆一さんのカレーワークショップandメキシコ美術トーク無事終了いたしました。まずは参加者の皆さんとメキシコカレーを作りました。メキシコから様々な香辛料と唐辛子を持って来られていましたよ。 唐辛子はメキシコが発祥だそうです。種はみなさんに持って帰ってもらいました。メキシコの唐辛子が皆さんの所で無事成長したら何だか素敵ですね! image シンプルに辛くて凄く美味しいカレーでした。ちびっ子には辛すぎたかも!? image 満腹になりマッタリした後、蔵に移動しメキシコの古代から現代までの歴史とアート、隆一さんの作品紹介と盛りだくさんトーク。すごく面白かったです!アートと歴史は切り離せない!世界との関連性が見えてくると美術も益々楽しめますよね。 久々にお会いした人生の師匠は益々精力的に活動をしておられ、私も頑張らねばと、改めて思いました。又次回お会いするのを楽しみにしております!隆一さん、ありがとうございました!

矢作隆一さんによるメキシコ美術のトーク及びメキシカンカレーのワークショップを開催いたします。

1396967657791 私の人生の師匠でメキシコ在住の作家、矢作隆一さんが4月19日土曜日にクラでメキシコ美術のトーク及びメキシカンカレーのワークショップをおこないます。 本当に面白い人です。日本料理屋をメキシコのハラパでされていて、二階がアーティストインレジデンスになっていて。大学でも美術を教えられていて。一昨年日本の博物館を巡回していたオルメカヘッド展に深く関わっておられ、当時24,5歳だった僕は糸島芸農で大変お世話になった久保田さんに紹介してもらい(同じく人生の師匠です。)、矢作さんの運営するそのレジデンスに滞在しました。そこでの強烈な体験が元になってStudio Kuraは始まりました。 皆さん是非矢作さんのお話聞きにきてください。 矢作隆一さんによるメキシコ美術のトーク及びメキシカンカレーのワークショップ 日時:4月19日土曜日 17時から。 参加費1000円。 定員12名

緊急開催。アルメニアのレジデンスについてTonoyanさんが語る会を開催いたします。

今日から数日間クラを拠点に九州のいくつかのレジデンスをリサーチしているtonoyanさんが滞在中です。東京のレジデンス遊工房に招待され日本に来られています。 写真は今日アジア美術館にてレジデンスの説明をうけるtonoyanさん。蒲池さん大野さん今日はお忙しい中ありがとうございました! 彼はアルメニアの首都エレバンにてレジデンスを運営しております。 色々資料を見せてもらいこのプログラムが非常に面白そうだったので、急遽今週金曜日の夜8時より「 アルメニアのレジデンスについてTonoyanさんが語る会 」をStudio Kuraにて開催することになりました。以下彼のレジデンスのサイトへのリンクです。 http://www.acoss.org/index.php?option=com_content&view=article&id=47&Itemid=2 糸島アート界のホープ牧園君にぜひ来てほしいので、彼の仕事が終わる時間をとり、このように遅い時間の開催となってしまいました。ご都合宜しい方は是非いらしてください。普段なかなか触れあうことがないアルメニアのレジデンスやアート。その他色々語り合いましょう! アルメニアワインで皆様のお越しをお待ちしております。

牧園憲二「アーティスト・イン・レジデンス報告会:チッタゴン、バングラデシュ 」

糸島アート界のホープ牧園憲二が2ヶ月に及ぶバングラデッシュでのレジデンスを終えて帰国しました。そしてこの度Studio Kuraにて報告会を行います。パワーアップした牧園くんに是非会いに来てください!!面白い話がたくさん聞けると思います。当日は牧園くんが現地で覚えてきたバングラデッシュカレーを作ってお待ちしています! 2013年11月初旬から12月下旬まで、バングラデシュのチッタゴンにあるオルタナティブスペース「jog alternative art space」へ滞在し、ワークショップや制作をおこなった牧園憲二のレジデンス報告会を開催します。また、バングラデシュで一年間の生活経験があり、ベンガル語を話すことができるというアジア美術館学芸員の五十嵐理奈さんをゲストにお迎えし、最新のアートシーンのみならず、バングラデシュの魅力についてお話いただきます。 牧園憲二「アーティスト・イン・レジデンス報告会:チッタゴン、バングラデシュ 」 期日…2014年1月18日(土) 時間…17:00〜 スピーカー…牧園憲二、五十嵐理奈 (福岡アジア美術館学芸員) 料金…500円(バングラデシュカレー、もしくは焼き牡蠣付き)

ダンサー手塚夏子さんによる「体の不思議を楽しむダンスワークショップ」を開催いたします!

今年の夏にあったグループ展「オープンクラ」で衝撃的なダンスを披露してくださった糸島在住コンテンポラリーダンサー手塚夏子さんによるワークショップがクラで開催されます! 体の不思議を楽しむダンスワークショップ 講師 手塚夏子 12月23日 1)体を観察してみよう〜  14:00〜15:30 1500円 みなさんは、昔、理科の授業で体の解剖図を見たことがあるかもしれません。でも、体の中がどうなっているか?実際には見えないし感じることは難しいですね。でも、よーく耳を澄ませて体の中を感じてみると、いろいろ小さな声が聞こえてくるものです。その小さな声に耳を澄ませて、オリジナルの体の地図を描いてみましょう。そして、体の中を旅してみましょう。 2)自分の中の何かが踊る瞬間を見つけてみよう〜  15:30〜17:00 1500円 体の中を旅しながら、どこか、ぴくぴくと勝手に踊りだしているところがあったら、それが新しいダンスのスタート地点です。自分で動かそうと思っていないところが動いたり、自分でやろうと思ってないことをやってしまったり、そういったことが自分の中から突き上げること、それが本当のダンスなのじゃないかしら?自分の中の新しい自分に出会うダンスの旅に挑戦してみませんか? セット価格 2000円 希望者が多ければレギュラーのワークショップを考えます。ぜひご参加ください。

open kuraを開催します!

今週末から、スタジオクラの周辺で共同展覧会を行います。8月24日の土曜日はオープニングツアーを行いますので、是非一緒に回りましょう!

open kura

期間: 2013年8月24日(土)、25日(日)、31日(土)、9月1日(日) 時間: 11:00~18:00 出展: 松崎宏史、西村智尋、ニシオヒロユキ、岡原昌子、牧園憲二、Nigel Bennet、Roxana Valdez Gonzalez & Fabian Landgrave 展示会場: Studio Kura、しみせの倉庫、松末権九郎稲荷、hanatolife 企画: Studio Kura 協力: 糸島芸農、アジアン・カルチュラル・カウンシル お問い合わせ: Studio Kura代表 松崎宏史(092-325-1773) open kura公式サイト

オープニングツアー

日時: 8月24日(土)17:00~ パフォーマンス: Roxana Valdez Gonzalez、手塚夏子 詳細はこちら それでは、24日に会いましょう!