Karima Duchamp 個展「impermanent papers materiality of colors」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中の作家、Karima Duchampの滞在成果を発表する個展「impermanent papers materiality of colors」を7月26日(木)~28日(土)に開催します。

Karima Duchamp カリマ・デュシャンは、フランスに拠点を置くビジュアルアーティスト。美術学修士課程とセラミックのディプロマ課程を修了。作品は、繊細で謎めいたモチーフの描写だけでなく、ドローイングやペインティングと彫刻的陶芸を組み合わせて制作されます。色に感心があり、特に色の退色、重なり、年月に興味があります。

これまでニューヨークのthe Salon Art+Design、アメリカのDesign Miamiほか、中国、ドイツ、スペイン、スイス、ベルギーなどヨーロッパをはじめ世界中で作品を発表しています。

以下アーティストからのメッセージです。

ユニークな糸島の風景は、制作の幅を広げさせ、異なる地域の語彙(レキシコン)に直接関係する新しいプロジェクトに取り組むことができました。 自然環境の脆弱性とその迫りくる破壊を強調させた作品は、自然がどれほど繊細で儚いものかを視覚的に表現しています。作品に用いたシンプルな素材は、風景から触発され多くのものを明らかにする表現力を持っています。

「永遠の芸術とは、美しさは伝統的な美とは別の空間にあります。観察されている物体そのものがダイナミックな芸術として成り変わるので、物体に縛られる必要はないのです」 - Helen Plumb、不完全の美より
続きを読む Karima Duchamp 個展「impermanent papers materiality of colors」を開催します

Mary Jane Duffy 個展「Signals」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中の作家、Mary Jane Duffyの滞在成果を発表する個展「Signals」を7月26日(木)~28日(土)に開催します。

Mary Jane Duffy メリー・ジェーン・ダフィは、アーティストかつデポール大学のアートメディアおよびデザイン学科の講師で、シカゴに在住しています。 主にペインティングやドローイングを制作し、テクノロジーを視覚的に垣間見れる瞬間を探しています。テクノロジーがどのように世界を知ることや経験することに変化や影響を与えるか着目しています。
これまで米国外で数々のグループ展および個展で作品発表しています。 2002年、2003年および2005年にシカゴの文化局からCAAP助成金を受賞し、現在シカゴにあるギャラリーBert Green Fine Artの代表的な取扱作家です。

以下アーティストからのメッセージです。

糸島および日本の地域の環境と伝統芸術を経験・観察しながら、グローバルでデジタルな技術がどのような影響を与えているか探求したプロジェクトをお見せします。今回の渡日は、インスタレーション作品に挑戦するきっかけとなりました。ファウンドオブジェクト、絵の具、墨と紙は脆弱性と一時性を強調し、旅行のような感覚を持つもち運びしやすい可変的な作品をお見せします。
続きを読む Mary Jane Duffy 個展「Signals」を開催します

秋吉史朗 個展「Nuclear Club」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中の作家、秋吉史朗の滞在成果を発表する個展「Nuclear Club」を7月26日(木)~28日(土)に開催します。

秋吉史朗は、福岡出身の作家およびグラフィックデザイナー、現在は米国シカゴに約20年ほど在住しています。 作品は日米で展示され、主にARC Gallery、Wood Street gallery Daley Center、Gene Siskel Film Center(シカゴ)、Muriel Geupin gallery(ブルックリン、ニューヨーク)に出展してきました。 現在、デポール大学デザイン学部准教授。

以下アーティストからのメッセージです。

デジタル画像、イラストレーション、モンタージュ技法を駆使し、デジタルと伝統的な日本のイメージ技法を組み合わせた制作表現を探求しています。 本展では、伝統的日本仏教のイメージと今日の政治的に関わる世界の人物や戦争のイメージを組み合わせることによって、戦争と保護の関係性を視覚的に探求したプロジェクトの作品群を発表します。
続きを読む 秋吉史朗 個展「Nuclear Club」を開催します

Dionysius Hatmaji(Labdo Grahito)個展「For the Sake of Sanity」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中の作家、Dionysius Hatmaji(Labdo Grahito)の滞在成果を発表する個展「For the Sake of Sanity」を6月23日(土)、24日(日)に開催します。

Labdo Grahito ラブド・グラヒト(アーティスト名)は、インドネシアのジョグジャカルタに拠点を置く学生およびビジュアルアーティストです。現在、米国のケンタッキー州にあるリベラルアーツ・カレッジに在籍、絵画に特化した美術制作科を専攻しています。

自身のファンタジーな世界と、時にはジャワ文化や幼少時代の思い出を含んだ要素をイラストレーションで組み合わせています。神秘論に興味を持ち、芸術を祈りや人生への愛を表現する方法として見ています。作品は個人的な事柄や象徴主義のテーマを含んでいます。

以下アーティストからのメッセージです。

私たちは故郷や家族、自身の身体と同様にアイデンティティを選ぶことはできません。故郷や家族、自身の身体そのものがアイデンティティを構成しています。自身の人生に与えたれたすべてに感謝をして私たちの正気を保つするために生かされるべきだと信じています。
私はジャワ人として生まれ、ジャワは私の魂です。本展はジャワの知恵「in the course of this life, everything has its time (人生に、すべてにふさわしい時がある)」から触発されています。物事が正しい時期に起こる限り、好転し良いことの源になることがあります。私はその原則を制作活動や、人生の教えとして用いています。
本展「正気のために」では、ワヤン(ジャワ島の人形を用いた演劇)の話の1つであるAnomanと、私の熟考と思考、そして日本特に糸島から滞在中に得たものを組み合わせたイラストレーションを発表します。
続きを読む Dionysius Hatmaji(Labdo Grahito)個展「For the Sake of Sanity」を開催します

Ebony Ibrahim 個展「Connected 」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中の作家、Ebony Ibrahimの滞在成果を発表する個展「Connected」を6月23日(土)、24日(日)に開催します。

Ebony Ibrahim エボニー・イブラハムはアニメーター兼マルチメディアアーティスト。 現在、ニューヨーク州のプラット・インスティテュートで3Dアニメーションを学び、2019年4月までに完成予定のプロジェクト映画に取り組んでいます。

作品はある特定の場所に以前訪れた人々がもっているかもしれないノスタルジックな記憶を探求しています。またモダンカルチャーに関するテーマにも関心があり、様々なアニメーションスタイルやメディアなど表現方法を模索しています。

以下アーティストからのメッセージです。

日本では、多くの人がバランスの取れたライフスタイルを維持するように努力し、また地域の人々と密な関係を保つことを心がけているように感じました。
ここでは忙しい日は友人に会い気持ちのバランスを取り、昔からの伝統と自然が現代社会でも織り込まれ、甘いスイーツにも砂糖だけでなく塩味も同時に味わえるお菓子があります。日本で感じられたバランスや繋がりをテーマにした作品を発表したいと思います。
続きを読む Ebony Ibrahim 個展「Connected 」を開催します

Elisabeth Belliveau 個展「Itoshima Still Life」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中の作家、Elisabeth Belliveauの滞在成果を発表する個展「Itoshima Still Life」を6月23日(土)、24日(日)に開催します。

Elisabeth Belliveau エリザベス・ベリアブルはカナダ出身のアーティストで4冊出版されたグラフィック小説の著者。
作品はカナダ国内に展示上映され、アニメーションは米国、オーストラリア、オランダの国際アニメーション映像祭で上映されました。これまでにバンフセンター、WSW NY、東京ワンダーサイト、RAVIなどのアーティスト・イン・レンジデンス・プログラムに参加しています。 Brucebo財団奨学金の受賞者であり、ケベック州芸術人文評議会、アルバータ州芸術財団、カナダ・カウンシルからの助成金も受けています。

静物とヴァニタス(寓意的な静物画、Vanitas)のジャンルを歴史的に、概念的に、そして新しいメディアのアプローチを通じて探求しています。

以下アーティストからのメッセージです。

ストップモーションアニメーションのテクニックを使用すると、花々やファウンドオブジェクトが生き生きと映し出されます。糸島から集められた素材は、カメラレンズがその潜在能力を表現する前に演じはじめています。
私は、静物画の美術史の伝統に触発された変容と物質的な物語の瞬間をとらえようとしています。
続きを読む Elisabeth Belliveau 個展「Itoshima Still Life」を開催します

Nadia Oh Sueh Peng 個展「The Butterfly and The Crab」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中の作家、Nadia Oh Sueh Pengの滞在成果を発表する個展「The Butterfly and The Crab」を6月23日(土)、24日(日)に開催します。

Nadia Oh Sueh Peng ナディア・オー・スー・ピンは、シンガポール在住のビジュアルアーティスト、ロンドン大学のゴールドスミス・カレッジと提携するラサール芸術大学(シンガポール)の美術修士号を取得しました。
リトグラフやアクアティントなどの版画、彫刻、インスタレーション、手縫いの模様と布に印刷された写真などの作品を制作し、作品のアプローチは詩的で複雑です。
ナディアは典型的なシンガポールの高層アパートと堺に見ることができる自然界の光と影の一瞬の瞬間に触発されています。

以下アーティストからのメッセージです。

蝶々とカニとのデートは、都市の喧騒から離れることのできる瞬間です。自然の美しさを楽しむだけでなく、バランスの取れた調和あるライフスタイルへと導いてくれます。
続きを読む Nadia Oh Sueh Peng 個展「The Butterfly and The Crab」を開催します

Sa Youngin 個展「遠くから引用されてきた花 A FLOWER CITED FROM FAR AWAY」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中の作家、Sa Younginの滞在成果を発表する個展「遠くから引用されてきた花 A FLOWER CITED FROM FAR AWAY」を6月23日(土)、24日(日)に開催します。

Sa Youngin サ・ヤンエンは、韓国と米国に活動拠点を置き、彫刻とメディア機器を組み合わせたインスタレーション作品の制作に取り組んでいます。
彫刻とメディアアートを専攻し、ソウル国立大学(SNU)美術学士号を取得。2017年より米国の美術大学ロードアイランドスクールオブデザイン(RISD)デジタルメディア学科の修士課程に在籍しています。今夏、RISDの助成プログラムに選ばれ、スタジオクラにて日本での滞在制作を行います。

ヤンエンは予期しない不幸なメカニズムを調査し、私たちが住む場所や時間にどのように作用するのか探求します。
対象のオリジナル素材を使用し、デジタル機器と彫刻の要素をインスタレーション内に組み込むことで、日常生活の脆弱な瞬間や象徴を浮き彫りにする一風景を作り出します。


以下アーティストからのメッセージです。

本展タイトル「遠くから引用された花」はリサーチに基づくアートプロジェクトです。このプロジェクトは、地域の場所や生活がどのような戦略や方法が審美的なものとして認識されているかを調査し、政治的な意味からシフトし社会の認識に影響を及ぼしている象徴のようなものを意図するプロジェクトを行います。
続きを読む Sa Youngin 個展「遠くから引用されてきた花 A FLOWER CITED FROM FAR AWAY」を開催します

Eun-Kyung Suh 個展「In Between」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中の作家、Eun-Kyung Suhの滞在成果を発表する個展「In Between」を6月23日(土)、24日(日)に開催します。

Eun-Kyung Suh ウンギョン・ソは韓国生まれ、米国アイオワ州にあるアイオワ大学で修士号を取得。2008年より、移民、異人種養子縁組、難民など止む終えない不本意な状況もしくは自発的な移住に起因する断片的な生活に注目したディアスポラ(Diaspora)な経験を調査しています。


以下アーティストからのメッセージです。
これまでディアスポラ(Diaspora)な経験の調査を行っていることをふまえ、本展では祖国や居住国ではない新しい環境にさらされた際の個人の断片的で流動的なアイデンティティーを掘り下げていきたいと思います。
続きを読む Eun-Kyung Suh 個展「In Between」を開催します

Marcus Farrの個展「Material Patterns」を開催します



現在スタジオクラで滞在制作中の作家、Marcus Farrの滞在成果を発表する個展「Material Patterns」を5月26日(土)、27日(日)に開催します。

Marcus Farr マーカス・ファーはフルブライト奨学金受賞者、また素材や集合体に関心をあてて活動するスタジオ「マテリアル・アーチファクト(Material Artifact)」のリーダーです。
マテリアル・アーチファクトでは、自然史の概念と物理的な物体や感覚的経験を生み出すプロセスとして、自然、天候、および時間の経過など目に見えない力に焦点をあてます。
芸術的または建築的な媒体を通じて、日常的なやりとりに関連し、日常的なもの、高められたもの、潜在的なものを紹介する作品制作を目指しています。

以下アーティストからのメッセージです。
「パターン」では、日常にみられる建築、場所および風景のパターンを議論するプロジェクトです。織物、建物、庭園、タペストリーなどの地元の工芸品に見られる幾何学の歴史に基づきます。
材料のパターンや単色を用いてシナリオ(ベース)を構成し、最も単純化された制作プロセスを用いて制作します。
続きを読む Marcus Farrの個展「Material Patterns」を開催します