Jolene Yeo 個展「Deterge」を開催します



レジデンスプログラム参加作家、Jolene Yeoによる滞在の成果を発表する展覧会「Deterge」糸島国際芸術祭2018「糸島芸農」参加アーティストとして10月20日(土)、21日(日)および27日(土)、28日(日)に開催します。

Jolene Yeo ジョリーン・ヨーは、シンガポール在住の多分野で制作するアーティストです。アートを常に愛してきた彼女は、Temasek Polytechnicにてアパレルデザイン&マーチャンダイジング科のディプロマを取得、3dsense Media Schoolにてコンセプト・アートとイラストレーション科のディプロマおよびLasalle College of the Artsにてファインアーツ科の学士号を取得しました。シンガポールで2回のグループ展に参加し、IAF賞にノミネートされました。彼女はTemasek Polytechnicで4年間連続してDirector's Listに入選し、3dsense Media Schoolにて優秀な成績で卒業した学生として派遣レジデンス・プログラム「3dsense-Studio Kura Artistic Residency Award」を獲得し、スタジオクラに1ヶ月間滞在制作を行いました。 続きを読む Jolene Yeo 個展「Deterge」を開催します

Nikki Lam 個展「Anchor: A Prelude」を開催します



レジデンスプログラム参加作家、Nikki Lamによる滞在の成果を発表する展覧会「Anchor: A Prelude」糸島国際芸術祭2018「糸島芸農」参加アーティストとして10月20日(土)、21日(日)および27日(土)、28日(日)に開催します。

Nikki Lam ニッキー・ラムは香港(1988年)生まれ、オーストラリアのメルボルン在住のアーティスト兼キュレーターです。制作は、自己、記憶、空間の探求を通じて居場所や関係性の複雑さを探求しています。ビデオ、パフォーマンス、テキスト、インスタレーションを中心に、儀式、言語、表現の研究を通じてハイブリッド・アイデンティティの解釈を探求することに興味があります。これまでシドニーやメルボルンほか、タイやイタリアにて作品を出展してきました。 続きを読む Nikki Lam 個展「Anchor: A Prelude」を開催します

Saga Unnsteinsdottir 個展「How I sleep at night.」を開催します



レジデンスプログラム参加作家、Saga Unnsteinsdottirによる滞在の成果を発表する展覧会「How I sleep at night.」糸島国際芸術祭2018「糸島芸農」参加アーティストとして10月20日(土)、21日(日)および27日(土)、28日(日)に開催します。

Saga Unnsteinsdottir サガ・ウンステェインスは、アイスランド国内外で活動する1992年生まれのアーティスト。アイスランドの大学FB Breiholt Collageビジュアルアーツ科を2012年に卒業後、シンガポールに渡りLasalle Collageファインアーツ科の学士号を2016年に取得。イラスト、ビデオ、インスタレーションなど複数の表現形態や媒体で制作を行い、多くのアイディアとコンセプトはドローイングから始まります。 ある境界の境目や、階層構造とアニミズムの考え方(または物事の本質的価値)を常に探求しています。 これまでグループ展や個展をアイスランド、シンガポール、日本などで開催してきました。 続きを読む Saga Unnsteinsdottir 個展「How I sleep at night.」を開催します

Ben Harb 個展「Dual Locations」を開催します



レジデンスプログラム参加作家、Ben Harbによる滞在の成果を発表する展覧会「Dual Locations」糸島国際芸術祭2018「糸島芸農」参加アーティストとして10月20日(土)、21日(日)および27日(土)、28日(日)に開催します。

Ben Harb ベン・ハーブは、オーストラリアのキャンベラ出身のサウンド・アーティストおよび作曲家、パフォーマーです。 オーストラリア国立大学音楽学校を卒業し、the ANU New Music Ensemble、the Experimental Music Studio、Opus、EcruteakやLost Coastなどのバンドなど、地元キャンベラほか国際的な実験音楽やアートコミュニティの多くの人々と関わりながら作品制作を行ってきました。 作品は、固定媒体とライブインストゥルメンテーション(楽器のみで生演奏されるもの)の関係に焦点を当て、作品を演奏する演奏者の介入やその行為に重点を置いています。 続きを読む Ben Harb 個展「Dual Locations」を開催します

Aurora Solberg 個展「 Fukt / 湿度 / Moist 」を開催します



レジデンスプログラム参加作家、Aurora Solbergによる滞在の成果を発表する展覧会「 Fukt / 湿度 / Moist 」糸島国際芸術祭2018「糸島芸農」参加アーティストとして10月20日(土)、21日(日)および27日(土)、28日(日)に開催します。

Aurora Solberg アウルーラ・スーンバリキは、ノルウェーのベルゲン在住のアーティストです。主に絵画を制作し、2017年にベルゲンのアートアカデミー(大学)修士号を、2013年にトロンハイム美術学院で学士号を取得しました。 アウルーラの制作の出発点は、ペインティングの材料と技法になります。異なるタイプの絵画で使用されている素材や媒体を探求しながら、素材との相互作用を探求します。近年は水彩画に焦点を当てて制作しています。 続きを読む Aurora Solberg 個展「 Fukt / 湿度 / Moist 」を開催します

Yin Yue Chan 個展「to dwell privately or in the open air」を開催します



レジデンスプログラム参加作家、Yin Yue Chanによる滞在の成果を発表する展覧会「to dwell privately or in the open air」糸島国際芸術祭2018「糸島芸農」参加アーティストとして10月20日(土)、21日(日)および27日(土)、28日(日)に開催します。

Yin Yue Chan イン・ユー・チャン(1996年生まれ)は現在、東京に活動拠点を置く学際的な写真家です。
シドニーで生まれ、オーストラリアの芸術大学UNSW アート & デザインにて哲学と美術を学びました。社会や都市、建築理論に特に関心があります。 続きを読む Yin Yue Chan 個展「to dwell privately or in the open air」を開催します

Corinne Caro 個展「By The Sea」を開催します



レジデンスプログラム参加作家、Corinne Caroによる滞在の成果を発表する展覧会を糸島国際芸術祭2018「糸島芸農」参加アーティストとして10月20日(土)、21日(日)および27日(土)、28日(日)に開催します。

Corinne Caro コリン・カロは、フィリピンのラグナ州に活動拠点を置くコンセプトアーティスト及びイラストレーターです。フィリピン大学で1年間絵画を学んだ後、香港のサバンナ大学 アート&デザインに編入し、シークエンシャル・アーツの学位を取得しました。これまでマニラ、東京、香港、米国で作品を展示してきました。 続きを読む Corinne Caro 個展「By The Sea」を開催します

Jinhee Jeon 個展「Cannot be Simple. but It is Simple.」を開催します



レジデンスプログラム参加作家、Jinhee Jeonによる滞在の成果を発表する展覧会「Cannot be Simple. but It is Simple.」糸島国際芸術祭2018「糸島芸農」参加アーティストとして10月20日(土)、21日(日)および27日(土)、28日(日)に開催します。

Jinhee Jeon ジンヒー・ジオンはトロントに在住する画家、キャンバスや紙、木製のパネルに油絵を用いて制作します。
各シリーズの絵画作品は時間、特定の時機、そして人生について捉えており、ある形や姿、何層もの色が描かれます。場面のイメージを示すだけでなく、感覚、深い感情や詩情を反映しています。ジンヒーはシンプルでミニマルな生活を送りたいと熱望し、その思いを絵に込めて制作しています。 続きを読む Jinhee Jeon 個展「Cannot be Simple. but It is Simple.」を開催します

Charlotte Clermont による展示「Strange Fictional Conversations While Preparing Late-Night Stir-Fry」を開催します

レジデンスプログラム参加作家、Charlotte Clermontによる滞在の成果を発表する展覧会を糸島国際芸術祭2016「糸島芸農」参加アーティストとして10月22日(土)、23日(日)および29日(土)、30日(日)に開催します。 Charlotte Clermont シャルロット・クレアモンは、モントリオールに拠点を置くビデオアーティストです。コンコルディア大学スタジオアーツ科学士号を2016年に修得。2015年以降、モントリオール、トロント、バンクーバー、サンフランシスコなどで作品を上映しています。 VHS、MiniDV、監視カメラ、スーパー8や16mm映像などを用いて、素材の使い方と素材の意味合いを一致させた作品を創り出します。親密さ、ミステリー、陳腐、直線性がないことなど全てが存在する様々な効果から起こる緊張を見せるために、作家自身と作品の主題の関係性の複雑さを彼女のイメージのクオリティが捉えます。 ビデオの実質性に関心があるシャルロットは、リアルタイムで操ることのできるプロジェクターと、有機的イメージのゆがみを作り出すブラウン管テレビを記録し、デジタルとアナログ・カメラを混ぜた実験的制作を行います。 続きを読む Charlotte Clermont による展示「Strange Fictional Conversations While Preparing Late-Night Stir-Fry」を開催します

Jordan Gowerによる展示「Without Anchor」を開催します

レジデンスプログラム参加作家、Jordan Gowerによる滞在の成果を発表する展覧会を糸島国際芸術祭2016「糸島芸農」参加アーティストとして10月22日(土)、23日(日)および29日(土)、30日(日)に開催します。 Jordan Gower ジョーダン・ガワーは、オーストラリアのアートスタジオJamFactoryの陶芸部門に属し、スタジオベースの活動を行う若手プロダクトデザイナーです。 陶芸技法の様々な様式を取り入れ、静けさと必然さを合わせ持つ慣習と革新の両方に触れた制作を行います。それぞれの土地特有の文化やその相互作用に興味があり、福岡と佐賀での滞在を通して現代的なグラフィックデザインを作品に反映していきます。 日本での滞在は、制作方法に磨きをかけ、可能性のあるデザインを思索し、ブランド・アイデンティティをリサーチし自国との距離自体にも影響を受けながら滞在制作を行います。 続きを読む Jordan Gowerによる展示「Without Anchor」を開催します