Charlotte Clermont による展示「Strange Fictional Conversations While Preparing Late-Night Stir-Fry」を開催します

レジデンスプログラム参加作家、Charlotte Clermontによる滞在の成果を発表する展覧会を糸島国際芸術祭2016「糸島芸農」参加アーティストとして10月22日(土)、23日(日)および29日(土)、30日(日)に開催します。 Charlotte Clermont シャルロット・クレアモンは、モントリオールに拠点を置くビデオアーティストです。コンコルディア大学スタジオアーツ科学士号を2016年に修得。2015年以降、モントリオール、トロント、バンクーバー、サンフランシスコなどで作品を上映しています。 VHS、MiniDV、監視カメラ、スーパー8や16mm映像などを用いて、素材の使い方と素材の意味合いを一致させた作品を創り出します。親密さ、ミステリー、陳腐、直線性がないことなど全てが存在する様々な効果から起こる緊張を見せるために、作家自身と作品の主題の関係性の複雑さを彼女のイメージのクオリティが捉えます。 ビデオの実質性に関心があるシャルロットは、リアルタイムで操ることのできるプロジェクターと、有機的イメージのゆがみを作り出すブラウン管テレビを記録し、デジタルとアナログ・カメラを混ぜた実験的制作を行います。 続きを読む Charlotte Clermont による展示「Strange Fictional Conversations While Preparing Late-Night Stir-Fry」を開催します

Jordan Gowerによる展示「Without Anchor」を開催します

レジデンスプログラム参加作家、Jordan Gowerによる滞在の成果を発表する展覧会を糸島国際芸術祭2016「糸島芸農」参加アーティストとして10月22日(土)、23日(日)および29日(土)、30日(日)に開催します。 Jordan Gower ジョーダン・ガワーは、オーストラリアのアートスタジオJamFactoryの陶芸部門に属し、スタジオベースの活動を行う若手プロダクトデザイナーです。 陶芸技法の様々な様式を取り入れ、静けさと必然さを合わせ持つ慣習と革新の両方に触れた制作を行います。それぞれの土地特有の文化やその相互作用に興味があり、福岡と佐賀での滞在を通して現代的なグラフィックデザインを作品に反映していきます。 日本での滞在は、制作方法に磨きをかけ、可能性のあるデザインを思索し、ブランド・アイデンティティをリサーチし自国との距離自体にも影響を受けながら滞在制作を行います。 続きを読む Jordan Gowerによる展示「Without Anchor」を開催します

Lilly Buttroseによる展示「Mountain topography (waves)」を開催します

レジデンスプログラム参加作家、Lilly Buttroseによる滞在の成果を発表する展覧会を糸島国際芸術祭2016「糸島芸農」参加アーティストとして10月22日(土)、23日(日)および29日(土)、30日(日)に開催します。 Lilly Buttrose リリー・バットローズは、南オーストラリアのアデレード市にあるJamFactoryにて自身のスタジオを持ち制作活動を行う若手アーティストです。 テキスタイルに特化し、2014年にヴィジュアルアーツ科の学士号を修得。以降、主に南オーストラリアでテキスタイル分野での制作の機会や展示などを通してスキルを高めていきました。 アドレードにて2箇所のアーティスト・イン・レジデンスに参加後、スタジオクラが初めての国際的なアーティスト・イン・レジデンス・プログラム参加となります。 続きを読む Lilly Buttroseによる展示「Mountain topography (waves)」を開催します

Lynn Looによる展示「WASHI #3」、「BAMBOO #1」を開催します

レジデンスプログラム参加作家、Lynn Looによる滞在の成果を発表する展覧会を糸島国際芸術祭2016「糸島芸農」参加アーティストとして10月22日(土)、23日(日)および29日(土)、30日(日)に開催します。 Lynn Loo リン・ルーは、1997年に16ミリ映像作品の制作を開始し、その前はシンガポールで音楽を教えていました。シカゴ・アート・インスティチュートで実験映画について学んだ後、異なるイメージと音を使ったリズム感のある詩的なナレーションを探求した映像作品を制作発表しています。 続きを読む Lynn Looによる展示「WASHI #3」、「BAMBOO #1」を開催します

Guy Sherwinによる展示「Paper Shadows 2016」を開催します

レジデンスプログラム参加作家、Guy Sherwinによる滞在の成果を発表する展覧会を糸島国際芸術祭2016「糸島芸農」参加アーティストとして10月22日(土)、23日(日)および29日(土)、30日(日)に開催します。 Guy Sherwin ガイ・シャーリンは、16ミリフィルムおよび他の映像媒体を用いて実験的な映像作品を制作発表するロンドン在住のアーティストです。the London Film-Makers Co-operativeにてフィルム現像の技術指導に携わる以前は絵画を学んでいました。 フォームやパターン、光とリズムなど基本的な考えのもとに作品を制作し、映像カメラでの撮影や、カメラを使わずフィルムに直接手を加えてイメージを作り出す作品制作を行っています。 作品はギャラリーで上映されることもあれば、時には数台の映写機を使いライブパフォーマンスのような作品スタイルでの発表も行います。 続きを読む Guy Sherwinによる展示「Paper Shadows 2016」を開催します

Carla Cañellasによる展示「(DECODING) Material games from the data base world.」を開催します

レジデンスプログラム参加作家、Carla Cañellasによる滞在の成果を発表する展覧会を糸島国際芸術祭2016「糸島芸農」参加アーティストとして10月22日(土)、23日(日)および29日(土)、30日(日)に開催します。 Carla Cañellas カーラ・カニエアスは、マドリッドに拠点を置くヴィジュアルアーティストです。絵画と教育的なワークショックを重点に置いた活動を行うほか、ビデオやインスタレーション、ドローイングなどストーリーを物語る媒体を用いることにも関心があります。 続きを読む Carla Cañellasによる展示「(DECODING) Material games from the data base world.」を開催します

Prasanta Kumar Kolayによる展示「Nature in Meditation」を開催します

レジデンスプログラム参加作家、Prasanta Kumar Kolayによる滞在の成果を発表する展覧会を糸島国際芸術祭2016「糸島芸農」参加アーティストとして10月22日(土)、23日(日)および29日(土)、30日(日)に開催します。 Prasanta Kumar Kolay プロシャント・クマール・コリーは、インド在住の画家です。自己を表現することへの願望と自身の表現の間の促進剤として、自然を用いています。芸術大学で交換留学生だったプロシャントは、樹姿や空の色合い、また日光や雨、雲、風の奏でる音に自身の進むべき道を見出されていきました。 インドの芸術大学Govt College of Art and Craftの絵画科に5年間所属しディプロマ(準学士号)を1984年に修得。Beijing language and cultural universityにて短期の中国語学習コースを受講しました。 続きを読む Prasanta Kumar Kolayによる展示「Nature in Meditation」を開催します

Novemto Komoによる展示「Story Within」を開催します

レジデンスプログラム参加作家、Novemto Komoによる滞在の成果を発表する展覧会を糸島国際芸術祭2016「糸島芸農」参加アーティストとして10月22日(土)、23日(日)および29日(土)、30日(日)に開催します。 Novemto Komo ノヴェント・コモは、インドネシア在住の独学で学んだアーティスト兼イラストレーターです。ソフトウェア・エンジニアとマルチメディア・デザイナーを学びました。 2014年Secret Art Prize London (Curious Duke Gallery ロンドン)の準入賞者。彼の作品は、生と世界の混乱を自身のやり方で理解するためであり、また人々の心と顔に笑顔を運ぶことでもあります。 以下アーティストからのメッセージです。
この展覧会は糸島市のスタジオクラで制作された作品群を発表します。このエリアについての話や物語で、私がみつけ、見て、聞いて話したことについて描かれています。
  続きを読む Novemto Komoによる展示「Story Within」を開催します

糸島芸農で使う石窯の修復中の様子です

wp-1473048813125.jpg 以前作って壊れていた石窯を修復中です。どうせ直すならと、彫刻作品にしたいなーと。アニッシュカプーア風なのを制作しています。久々の粘土にテンション上がりまくりです!めちゃ楽しいっす! 芸農の時に発酵カフェとしてレジデンスアーティスト達とピザを焼いたりカフェしたりする予定ですよ。 wp-1473043928926.jpg 煙突いるかな?と思ってつけてみました。変な形。。 wp-1473043996941.jpg 土は畑の土を石灰と混ぜつくりました。 wp-1473043937917.jpg 横から見た図。不思議な形だー。 wp-1473043905143.jpg バジルも石窯の近くに植えました! これをその場でちぎってピザに載せて食べたら美味しかろうや!! wp-1473048897752.jpg それではまた!

アジア美術トリエンナーレとのコラボ企画のバスツアーを開催します!

アジ美発の芸農行きバス。作品を学芸員さんの解説付きで楽しめるバスツアー。こんなチャンスはめったに無いです! 学芸員と回る秋のアートツアー〔郊外編〕(担当学芸員:五十嵐理奈) 博多発、糸島行きのアート巡り。 福岡アジア美術館の五十嵐理奈学芸員と一緒に「糸島国際芸術祭2014糸島芸農」を観覧しませんか。「第5回福岡アジア美術トリエンナーレ2014(FT5)」参加作家ジハン・カリム(バングラデシュ)が牧園憲二と共同制作した作品のほか、国内外の作品15点が二丈松末地区(糸島市)に点在しています。秋のアートな糸島路をめぐるバスツアーにぜひご参加ください。 【日 時】 10月13日(月)10:00~17:30 【集合場所】 福岡アジア美術館 彫刻ラウンジ 【参加費】 5,000円(観覧券・昼食込、当日払い) ※最少催行人数40人、雨天決行 ※昼食にはFT5とコラボレーションしている駅弁「味庵弁当」をご用意します。 【申込方法】 氏名、連絡先をご記入の上、FAX(092-263-1105)、メール(ft@faam.ajibi.jp)でお申込みください。(〆切:9月30日) 【スケジュール】 9:45 受付 10:00 ジハン・カリムによるトーク 11:00 美術館出発 12:00 展覧会会場到着、昼食 (お弁当) 13:00 展覧会観覧 前半 (作家によるトークあり) 14:30 休憩 (芸農cafeにて) 15:00 展覧会観覧 後半 16:00 糸島出発 17:00 美術館到着 ※当日は動きやすい服装、滑りにくい靴でご参加ください。 《糸島国際芸術祭2014 糸島芸農 Itoshima Arts Farm 2014》 10月11(土)、12(日)、13(月・祝)、18(土)、19(日) /1,000円 福岡県糸島市二丈松末地区 収穫に喜ぶ秋、国内外のアーティストが糸島に集う。今年の糸島芸農のテーマ「稲荷」を年間を通してリサーチした「イナリサーチ」の成果も展覧会に反映され、1年の活動の収穫を喜ぶ祝祭となる。期間中はダンサーや音楽家らによるギャラリーツアー、最終日19(日)には内山節トークイベントを実施。 ito-artsfarm.com