Studio Kura Fab Space完成!

冬休みの宿題遂に完成! レジデンスアトリエ内で行き場を無くしたレーザーカッターやcncの為のスペースが遂に出来ました!!

ベランダだった所を、ソルベンの藤江さんに引き戸をつけてもらい、壁や窓はその辺に落ちていたもなどで自作しました。(上の写真は正月早々夫に呆れる妻。)

image

引き戸を開けて中に入ると。

image

おお!そこはFab Space。

image

レーザーカッターや

image

Shapeoko

image

3d printerもあります!

2016は芸農あるあし、商品開発や作品制作、子ども造形教室や電子工作室、レジデンス作家との絡みも増やしたいし夢は膨らむばかり!

マシーンはどなたでもご利用できます。詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。

https://www.studiokura.com/denshikousaku/facilities

ShapeOkoで文字を制作。看板にしました。


4月に買ってから長い眠りについていた、わが社のCNCカッターShapeOko。Sunsetも終わって、再びいじってみる時間も出来たので動かしてみました。アメリカ人のEdward Fordという人が作ったopen hardwareのマシーンです。

open sourceのInkScapeにG-Code Toolsというプラグインをインストールすると文字や、絵をG Codeに変換してくれます。そこからGcode SenderでShapeOkoにデータを送信します。詳しくはhttp://www.shapeoko.com/wiki/index.php/User:BHSPitMonkey/Inkscape_and_Gcodetools_Tutorialに乗っています。細かく手順が書かれていて非常に分かりやすかったです。


木から文字を削りだして看板にしたり。木のモジュール玩具やパズルを作ったり、open sourceのprocessingで書いたコードで絵を描かせたり、きりん君のネジを作って飛行機飛ばしたり、絵画教室やこども絵画造形教室をハッキングして、もう一声面白いものに作り替えたり、糸島芸農をopen source的、open designなイベントにしたりと夢は広がっていきますね。

初めてのShapeOko。Hello World惜しくも失敗!

念願だったcncカッターShapeOkoをアメリカから輸入したのは一ヶ月前。届いた荷物を開けたらそこは部品の山。。英語で作り方はwebで(もちろん英語)!って親切に書かれており、なかなか手も進まず気が向いた時にちょこちょこ作っておりましたが、本日やっと動きました。

鏡文字だし、サイズなどまだまだ調整が必要ですが、だいたいできたので動画アップしました。なんかロボっぽくて格好いいです。processingで書いた画像をこいつに書かせたり、木も削れるので蔵の看板を作ったりと夢は広がります。

2013-04-11 11.17.56

最初はこんな状態。

2013-04-11 19.16.39

2013-04-17 12.19.45

部品を組み立てていきます。

2013-04-18 09.54.00

ネジが入らずヤスリで穴を広げていたら穴の中でヤスリが折れてしまったり。ネジ穴広げすぎたのでデッカイボルトをねじりこんで止めてみたり。ベルトの部分をクリップで止めて輪ゴムで縛ったりと、かなり適当に作りましたけど動きました!

追記
Hello Worldを無事描かせることができました!