Marion Paquetteの個展「aménager l’aléa – to manage randomness」を開催します

レジデンスプログラム参加作家、Marion Paquetteによる滞在の成果を発表する個展「aménager l’aléa - to manage randomness」を7月22日(土)、23日(日)に開催します。 Marion Paquette マリオン・パキエットはモントリオール在住、多分野で制作を展開するアーティストです。ケベック大学モントリオール校(UQAM)視覚メディア芸術表現科の学士号を2015年に取得、来年9月よりモントリオールのコンコルディア大学にて繊維と素材に関する芸術表現科に在籍予定です。 これまでカナダのモントリオール市やフランスのナント市で作品を展示してきました。 続きを読む Marion Paquetteの個展「aménager l’aléa – to manage randomness」を開催します