Pengcheng Chenの個展「Animal」を開催します

レジデンスプログラム参加作家、Pengcheng Chenによる滞在の成果を発表する個展「Animal」を4月22日(土)、23日(日)に開催します。

Pengcheng Chen ペンチェン・チェンは、実験的なアニメーションとドローイングに特化した中国在住のアーティストです。 2016年にロンドン芸術大学キャンバーウェル・カレッジ・オブ・アーツ校で視覚芸術学の修士号を取得しました。ペンチェンの実験的アニメーションは、ロンドン、リスボン、中国でも上映されています。

最近では、比喩的な関連性を持つ夢と意識の転換に関するコンセプトを用いて、動くイメージの実験的描写の探求と制作に関心があります。 ペンチェンは、人間の行動や道徳を反映した意識の本質に関する「意識(コンシャスネス)」と「オートマティスム(意識的な思考や熟慮なしに自動的に起こる反応。自動的な精神の即興性)」について研究しています。アニメーションの参考文献としてランダムなパフォーマンスの写真を撮り、夢で起こる体験の無意味さと物事の客観的な問題との重要な関連性を強調しました。

続きを読む Pengcheng Chenの個展「Animal」を開催します