先日あったPeter Granserの写真ワークショップ@九州大学の様子

DSC_1545 先日あったPeter Granserの写真ワークショップ@九州大学 前半は学生にPeterがこれまでの自身の活動を紹介しました。 DSC_1558 午後からの実技は「肖像画を撮るワークショップ」Peterが学内の面白い場所を探してきていて、人物の背景にしています。ぱっと見ただの壁にしか見えないところもPeterには面白い構成に見えていて、それがすごく面白かったです。人が見ている向きと背景の組み合わせを考えたり、画面構成についてかなり詳しく行われたワークショップでした。 DSC_1565 蔦から手への流れを画面の中に作ります。 DSC_1570 ただのガソリンスタンドの壁にしか見えないところも、画面への入れ方で面白い構成になったり、後ろのアパートの窓の四角や花も活かされます。 DSC_1579 DSC_1585 DSC_1567 DSC_1593 最後に作品を一人ずつプレゼンしてもらいました。それぞれPeterの言っていたことが活かされて面白い写真になっていたのではないでしょうか。 residence作家に、学生に、このような機会を与えてくださった片山先生ありがとうございました! DSC_1588

現在開催中のPeter Granser展覧会「Schatten Felder」noオープニング時の様子

2013-05-25 18.07.14 先週末に行われたPeter Granserのオープニングの時の様子です。 今回の滞在中Peterは糸島中を自転車で回りました。本当に端の端まで自転車で行って、多分僕より糸島の道について詳しいんじゃないかと思います。その彼が行く先々で出会った多くの人がオープニングに来てくださって本当に素晴らしいオープニングになりました。数多くの美術館やギャラリーで展示してきたPeterが、今までで一番感動したオープニングだったと言っておりました! 2013-05-25 18.09.07 2013-05-25 18.17.20 坂本るかさんによる篠笛とPeterの映像のコラボレーション。 瞑想の世界に入り込みます。 2013-05-25 19.16.59 その後庭で坂本さんのお弟子さんと共に演奏もしてくださりました。素晴らしい空間になりました。坂本さん、お弟子さん、ありがとうございました! 2013-05-25 19.08.26 トラモントの吉田さんが今回はアイスヴァインというドイツの料理を作ってくれました。美味しかった〜ダンケ〜! 2013-05-25 19.08.45 猫もこっそり、いただきます〜

ペーター・グランサーの個展は今日からです!

Schattenfelder こんにちは。アレです。 ペーター・グランサーの個展「Schattenfelder -畑道にそって-」が今日オープンです! 蔵で展示されている写真と、和室でのインスタレーションをお楽しみください。 また、5時からオープニングパーティーですから篠笛奏者の坂本るかさんのコンサートが、ペーターが撮った動画にあわせて行われます。 是非遊びに来てください! Eisbein また、先月のパエリアに続いて吉田シェフが今回ドイツ料理を作られるそうです。 アイスバイン(Eisbein)という、豚のスネ肉と香味野菜とスパイスで煮込んだドイツ料理になります。 アイスは鍋の中のスープが冷めて表面の油が固まったのが、氷の張った水面の様であったのが名前の由来です。 ドイツから来られた作家さんのオープニングパーティーでドイツ料理を召し上がってみませんか?

Peter Granserの九州大学でのワークショップの様子

Peter Granserの九州大学でのワークショップの様子です。前半はPeterのプレゼンから始まり、後半はポートレート撮影ワークショップを行いました。 DSC_1560 撮影のお手本 DSC_1545 生徒さんがいっぱい DSC_1592 片山先生も DSC_1593 編集のお手本 DSC_1579 みんなと一緒に撮る DSC_1566 みんなと一緒に撮る

Peterのトーク@紺屋2023の様子

DSC00208 昨日あったPeter Granserのトーク。2000年から2012年までの彼の作品や考え方が変わっていくさまを丁寧に紹介していました。一線で活躍している写真家の制作する上での苦悩や喜び、写真というメディアとの関わり方の移り変わりが見えてすごく良かったです。こういうのを聞いた後で糸島で制作したものを実際に見ると作品の理解や、展示の楽しみ方も増えますね。 天神であったこともあって、普段なかなかお目にかかれないような若者たちも聞きに来てくれて嬉しかったです!Peterも多くの人が来てくれて喜んでいました。今後も市内でも蔵に来るレジデンス作家の活動をより多くの人々に紹介できるような機会を設けていきたいです。チャンスを下さった野田さん、宮本さん、来てくださった皆様ありがとうございました! 2013-05-15 19.25.51 DSC00224 DSC00228 DSC00231

ペーター・グランサー 個展「Schattenfelder -畑道にそって-」

Palme_Peter Granser_ ペーター・グランサー 個展「Schattenfelder -畑道にそって-」開催のご案内 拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。日頃から多大なご支援とご協力を賜り熱くお礼申し上げます。さて、このたびStudio Kura(糸島市)は、弊社が実施しているアーティスト・イン・レジデンスプログラムにオーストリア文化フォーラムより援助を受け滞在中の作家、ペーター・グランサーのレジデンスの成果を発表する個展「Schattenfelder -畑道にそって-」を開催いたします。ペーターはドイツ、シュトゥットガルトを拠点に世界的に活躍する写真作家です。 松尾芭蕉の旅行記「奥の細道」にインスパイアされ、彼はレジデンスで滞在中に糸島中を自転車で(時には山に登って)巡りました。その結果は、農村を写真とビデオで捉えた芸術的な測量ともいえる作品となりました。作中の焦点は伝統的な風景ではありません。ほぼ全てにおいて、普段は見向きもされない…いわば、影の中にある、道沿いの小さな発見が最前面に持ってこられています。 森の中の煙、海の中の渦、不思議な体勢をしている子どもー彼女は踊っているの、倒れているの?それらの写真の中には、鑑賞者に疑問を投げかけたり、また、不快な気持ちにするものもあるかもしれません。 展示の構成は、写真の作品をStudio Kuraのギャラリー内で、インスタレーションとビデオ作品を古民家の座敷で展示ます。 つきましては、ご多忙中とは存じますが、展覧会場に、ぜひ足をお運びください。何卒よろしくお願い申し上げます。 敬具 記 ペーター・グランサー 個展「Schattenfelder -畑道にそって-」 日時:5月25日~6月2日 11時から19時まで 入場無料 ※25日17時よりオープニングパーティーを行います。 企画:Studio Kura 福岡県糸島市二丈松末586 場所: 福岡県糸島市二丈松末586 [電車]JR筑肥線一貴山駅より徒歩15分 (駅からの送迎あり) お問い合わせ:Studio Kura代表 松崎宏史(092-325-1773)

Peter Granserのトークイベント”Werksvortrag”@紺屋2023

bikini queen_sun city_2001 現在レジデンスで滞在中の写真家Peter Granserのトークイベントが15日水曜日の19:00から大名の紺屋2023にて開催されます。彼のこれまで行った数々のプロジェクトの紹介や糸島での活動について語ってもらいます。「Sun City」、「Coney Island」など数々の写真集を世に出し、世界をまたに活躍する写真家Peter Granser。彼が何を考え、どのように作品を制作してきたかを語る貴重なトークイベントになります。写真というメディアに興味が有る方、アートが好きな方、ぜひ遊びに来てくださいね! man_with_a_cross_signs_2007 konya2023 talk #3 Peter Granser "Werksvortrag" 以下紺屋のウェブサイトより /////////////////////////////////////////////////////////////////////// 今回のkonya2023 talkには、世界各国から様々な作家が訪れる糸島のアートスペース Studio Kuraに現在レジデンス中の写真家ペーター・グランサーさんをお迎えします! 「Sun City」、「Coney Island」など数々の写真集を出版されているペーターさんの 近年の活動についてお話いただきます。 スタジオクラでのレジデンス風景はこちらで ↓ http://www.studiokura.com/blog/ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー konya2023 talk #3 Peter Granser "Werksvortrag" Lecture on his work from 2000-2012. 日時:2013年5月15日(水)19:00 場所:konya-gallery / 中央区大名1-14-28-2F 料金:¥500- 話者:ペーター・グランサー 主催:TRAVEL FRONT、Studio Kura 協力:ART BASE 88 Date : Wed 15 May 2013, 7:00pm Venue:konya-gallery / 1-14-28, Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka Fee : ¥500- Guest : Peter GRANSER (Photographer)

Peter Granser来蔵です!

2013-04-18 10.56.17 アニメーション界のビックネームPaul Nicholsonに続き、写真界の巨匠Peter GranserがAustrian Cultural Forumより助成を受けて来蔵です。 5月いっぱいまでの滞在期間中に九州大学でワークショップをするほか、滞在の最後には蔵で展示を行う予定になっています。 現在Studio Kuraにはいろんな国の人が滞在していて、随分賑やかですよ! 2013-04-18 10.56.17 Peter(オーストリア)に 2013-04-18 10.56.17 パートナーのBea(ドイツ/ルーマニア)さんと 2013-04-18 10.56.17 Paul(イングランド)さん、 2013-04-18 10.56.17 さらに蔵のアレハン(スペイン)さんも事務所にいますから、     576516_4834122099921_1463204321_n 私(糸島)がここにいるのが場違いな感じです。 Peter Granserさん、素敵な写真集も多数出されています。