カテゴリー別アーカイブ: レジデンス

Tess Kellyのクリエイティブ・フォトグラフィー・ワークショップを開催します!(2月23日)

ただいまStudio Kuraに滞在中のオーストラリアの写真家Tess Kellyの写真ワークショップのご案内です!同じ日にTessさんの個展のオープニングを行いたいと思いますので、その日はワークショップからどうぞ遊びに来てください。
TessKellyWorkshopFlyer

彼女の写しとるこの世界観にあなたも近づける!
参加者のレベルは問いません!誰でも勉強になるワークショップになると思います。講師のプロフィール(日本語)はこのページでご確認ください。
Tess Kellyプロフィール

下記は本人による文章です。お待ちしております!

クリエイティブ・フォトグラフィー・ワークショップ
Creative Photography Workshop


あなたの写真をもっと芸術的にしましょう!
カメラは見えるものを写すだけではなく、クリエイティブな表現にすばらしいどうぐです。技術の理解のよって、もっと面白くてユニークな写真を撮れる可能性を手に入れましょう。

 

このワークショップでは開口、シャッタースピード、動きと色温度の使い方を習って、撮りたい写真を撮りやすくなります。

技術を身につけたら、自分の能力に自信を持って個性あふれる写真を撮りましょう。


私の作品について、どんな技術を使ってどうやって作ったかお話します。

 


デジタルもしくはアナログカメラをお持ちの方は参してください!マニュアル設定ができるものがいいでしょう。
デジタルでもアナログでも、質問を語気軽にしてください。Photoshopに関する質問も答えられます。

 

Tess Kelly, Photographer
Artist in Residence at Studio Kura
www.tesskelly.net

クリエイティブ・フォトグラフィー・ワークショップ
講師: Tess Kelly
場所: Studio Kura
日時: 2013年2月23日 14時より
参加費: 1,500円
電話: 092-325-1773 (松崎)
メール: info@studiokura.com

ルクセンブルクよりダンサー小南ゆうこさん来蔵です!

“reMEMBRANEce” – Yuko Kominami from Jacques Molitor on Vimeo.

ルクセンブルグ在住のダンサー、小南ゆう子さんがルクセンブルクの文化庁より奨学金を得て来蔵されました。レジデンスアーティストとして昨日より、滞在製作されています。

スタジオで練習されていますので、皆様是非気がるに遊びに来てください。

2012-12-05 16.41.07
写真は極寒のお稲荷で囲炉裏に火をつけようとしている様子。うまくいきませんでした。。っていうか囲炉裏じゃ寒すぎますよね。すみません!

2012-12-05 17.31.01
気を取り直して蔵の中で体を動かす小南さん。こっちの方が暖房あって暖かいですね!

23日に滞在の成果を発表する予定です。場所等決まりましたらまたアップします。

小南さんの経歴
Born in Japan in 1973, Yuko Kominami studied Butoh and dance in Tokyo. After finishing her first degree in Japanese history at the University of Waseda, she gets a diploma in Community Dance at the Laban Center of London, where she studied from 1998 to 2000. She also gets her Master in Dance Cultures, Histories and Practices the University of Surrey in 2006.
At this day she works as an independant artist and performer in the danse and performance sector. She lives in Luxembourg.
Her work is based on experiences with the movements in intervals (of movements in becoming) where intensities of individuals cross. Through those experiences, she is trying to express the multiple and fragmented movements of “a life”.
Her works include: Ones Voices, a collaboration with Steve Kaspar (2004); When the Peony Breaks (2006); Daruma by Thierry Devaux and Loris Binot (2007); Linnunrata (2007); reMEMBRANEce (2009); Mayu (2010).

小南さんのブログ
http://yukokominami.wordpress.com/

10月30日 マイクロレジデンス・ディレクターズ・トークで代表松崎がプレゼンします。

マイクロレジデンス・ディレクターズ・トーク
「マイクロレジデンス―なぜ今マイクロなのか、そのマクロな可能性を問う」
で代表松崎がStudio Kuraのレジデンスプログラムの活動を(英語で!?)
プレゼンします。

日時:10月30日(火)午後2時―6時

会場:遊工房アートスペース

参加:無料・予約制(30名) [*予約受け付けは終了致しました]

「世界にはどのようなマイクロレジデンスが存在しているか?」マイクロレジデンスの現実と、そのマクロな可能性を考えます。アーティスト・イン・レジデンスをマイクロレジデンスの視点から考えた時、レジデンスの在り方と今後の展開が見えてくるでしょう。国内外から様々なマイクロレジデンスのディレクターや関係者らが集い、アートの世界、そしてより広い社会におけるマイクロレジデンスの存在の現実から、将来の可能性を議論します。そして、持続可能な事業の在り方を検討します。登壇者と共に、参加者全員が自由に議論に参加できます。

第一部:ディレクターズ・トーク (14:00 – 16:00)

世界各地でマイクロレジデンスを運営する7組のディレクターが集い、各々のレジデンスの社会的背景や特徴、今後の課題などを、失敗談なども交えながら、ざっくばらんに紹介します。マイクロレジデンスの多様性と具体例を示しながら、その存在をアピールします。

第二部: ラウンド・テーブル・ディスカッション (16:30 – 18:00)

第一部のスピーカーに加え、国内外のレジデンス関係者や支援団体、アーティストが集い、所有者と運営者が等しいマイクロの事業モデル、マイクロの社会的存在意義、日々の現場の活動や悩み、アーティストが運営する利点など、オープンに意見交換します。また、参加者相互の今後の発展的な関係作りを図ります。

参加予定:ジュリ―・アップメイヤー(Caravansarai、イスタンブール)、フランシスコ・ゲバラ(Arequetopia、メキシコ)、アナト・リトウィン(HomeBase、ベルリン他)、ラエ・ボロティン(Big Ci、オーストラリア)、エイ・コ―(New Zero Art Space、ミャンマー)、アンティ・イロネン(Art Break、フィンランド)、マリ・マウヌKulttuuriKauppila、フィンランド)、松崎宏史(Studio Kura、福岡)ジェイ・コ―(アーティスト、キュレーター)、原田真千子(インディペンデント・キュレーター)、村田達彦・弘子(遊工房アートスペース、東京)他

Saran Youkongdee(タイ)が来蔵です。

DSC_0052
6月よりStudio Kuraに新しいレジデンス作家Saran Youkongdee(サラン・ヨウコンディー)が国際交流基金の「JENESYS Programme:東アジアクリエーター招へいプログラム」でタイより来蔵しています。

Saran Youkongdeeは、タイの伝統文化や工芸から得たヒントを緻密で質の高いデザインに落とし込み、タイの木や植物から作った素材でリサイクル可能なプロダクトを制作しています。今まで、日本、及びタイで著名なデザインの賞を数多く受賞しており注目の人となっているYoukongdee氏。

6月17日には糸島芸農米のパッケージをデザインするワークショップを先崎哲進さんと共同で開催します。興味のある方ぜひご連絡ください。
以下詳細になっています。

地域の資源と表現のワークショップ

「お米のパッケージをデザイしよう!!」

DSC_0468.JPG
6月17日(日)10:30分~ディスカッション/13:00分~ワークショップ(大人、学生対象)

ディスカッション「稲の道をたどる」 10:30~
ワークショップ「糸島芸農米をデザインしよう」 13:00~
講師:サラン・ユコンディ(アーティスト、タイ)+先崎哲進(糸島芸農デザイン担当)
参加費:1000円 with 1芸農サイダー
場所:松末権九郎稲荷神社

糸島芸農の田んぼは、秋にお米を収穫して販売を計画中です。稲は古来、地域から地域に伝わり人同士をつないできました。これから新しい人のひつながりを生む、糸島芸農米のパッケージをみんなでデザインしましょう。
材料はこちらで用意しますのでどうぞ手ぶらでお越しください!

お問い合わせ先
糸島芸術祭「糸島芸農」実行委員会事務局
〒819-1613 福岡県糸島市二丈松末586 Studio Kura内
Tel.092-325-1773
mail:info@ito-artsfarm.com

Justin Lee ワークショップ

kidsagain2012
3月4日日曜日 朝10時からレジデンスで滞在中の作家Jastin Lee(シンガポール)のワークショップを行います。これは昨年もおこなったKid’s AgainとStudio Kuraのコラボワークショップとして開催されます。Kid’s Againからはワークショップで使う沢山の衣服を提供していただきました。今回は12組の家族が参加予定です。(実は既に参加者が埋まってしまいました。すみません。)

Instruction for Kidsr-01a
Justinからのワークショップについての詳細です。キッヅアゲインでのワークショップ終了後作品は3月10日から17日まで
Sutdio Kura Galleryにて展示予定です。

Workshop collaboration on 4 March 2012 Sunday

Title:
Medium:
Size:

Objectives:

Art workshop by Justin Lee and Hirofumi

The art residency collaboration brings together the Fukuoka-Itoshima community to share
ideas and methods of art making, while also bringing benefit to the sub-urban resident
where they are based.

Artwork Description:

Day 1(4 March 2012, Sunday)

A set of dress-like canvas will be giving to the kids to collaborate with.
Kids from the age of 2 and above, and adults are also welcome to participate.
The collaboration will be based on creative thinking through using of color maker drawings,
paintings, fabric collage and other media. At the end of the collaboration, all participates will
get to see their art making through their personal touch of creativity.

The artworks will be install at Studio Kura from 10 March to 16 March 2012 for viewing.

Dress me up @Studio Kura
Art Canvas and recycle fabrics
Various Sizes

Instruction for Kidsr-01b

Justin Lee ウェブサイト
http://www.justinleeck.com

3dsense-Kura Artistic Residency Award

Studio Kuraは、シンガポールの3D Media School 3dsenseと共同で、3dsenseを優秀な成績で卒業した学生をStudio Kuraのレジデンスプログラムに派遣する 3dsense-Kura Artistic Residency Awardを開始します。

3D Media School 3dsenseは、シンガポールにあるアジアを代表するコンピューターグラフィックスの学校で、多くの卒業生がPolygon Pictures(日本), Lucasfilm(シンガポール), Electronic Arts(上海)など、世界のメジャーな制作スタジオで活躍しています。

世界有数の大都会であるシンガポールとは対照的な糸島の自然豊かで静かな環境の中、選ばれた学生は一ヶ月の滞在期間中、自身のプロジェクトを深化させていきます。又滞在中現地の作家とのコラボレーションも奨励さています。滞在の最後にはその成果を発表する展覧会を行います。

第一回目は8月に受け入れを予定しています。これまでクラには来たことが無かったジャンルでの受け入れを楽しみにしています。

3D Media School 3dsense
http://www.3dsense.net/sg/

3dsense-Kura Artistic Residency Award
http://3dsense.net/sg/index.php?option=com_content&view=article&id=226

レジデンスで来蔵予定のマーティンが音楽家の方を探しています。

a situation of rumor_1

レジデンスで来蔵予定のマーティン(オランダ)が彼のプロジェクトでコラボレーションしてくれる音楽家の方を探しています。
興味ある方はぜひぜひ、ご連絡ください!!

mail@studiokura.info
TEL:092-325-1773

マーティンは今北京に住んでいるのですが、どなたか心優しい日本人の方が彼のメールを翻訳してくれています。
ありがとうございます!!

6464991699_ca2ee5ce51_b

以下彼のプロジェクトの紹介をさせてください。

Please allow me to introduce to you the project I am working on, for which I am actively looking for Japanese musicians and performers. I’d be very grateful for any help you can give.

私は積極的に日本のミュージシャンやパフォーマーを探している、あなたに私が働いているプロジェクトを紹介させてください。
私はあなたが与えることができるあらゆる助けに非常に感謝します。

End of April/beginning May 2012 I’ll be producing ‘Landscape [pieces]‘ in Itoshima (near Fukuoka). For this project, we will install in an intervention-like style a number of performance-based works for acoustical instruments, speech and spatialization at secluded sites in the natural landscape of Itoshima. For example, pieces are performed with the performers spread out across a number of rice terraces, a bamboo forrest and in a bay during the upcoming tide. The works that will be performed are ‘open score’ instrumental pieces, exploring notions of structural composition, spatiality and time progression.

2012年4月の終わりから5月の終わりにかけて、私は糸島市で(福岡近辺)”ランドスケープピース”をプロデュースします。
このプロジェクトでは、我々は糸島の人里離れた自然風景の中に介入する形式で音響機器、または
音声と空間化のパフォーマンスベースの作品を実行します。例えば、ある部分は演奏者もしくはパフォーマーが田んぼ、
または竹やぶの間を交錯するように配置されて実行されます。
実行される作品は、構造組成、空間性と時間の進行の概念を探求する、”オープンスコア”のインストゥルメンタル曲です。

Attached are some sketches of possible performance situations. To get a better impression of the type of works that we will perform, please visit www.martijntellinga.nl, ‘works’ page.
You’ll find audio, text, score examples, images.

添付可能なパフォーマンス状況のいくつかのスケッチです。
我々が実行する動作の種類のより良い印象を得るために http://www.martijntellinga.nl/  をご覧ください。
オーディオ、テキスト、スコア(楽譜)、画像を見つけることができます。

The performances are done without an audience, but will be filmed/recorded and edited into a multichannel video work for later exhibition. For recording, we will use a number of experimental techniques, in order to be able to create a layering of material in the later video work.

公演は観客なしで行われますが、撮影・記録し、後で展覧会のためにマルチチャンネルビデオ作品として編集されます。
録音のために我々は、後でビデオ作品で素材のレイヤーを作成できるようにするために、実験技術の番号を使用します。

Now, I am searching for musicians and performers to work with me on this project. Strongly preferable, they have experience with interpreting and performing modern/contemporary music and sound art works, either composition- or improvisation-based.

今、私はこのプロジェクトで私と一緒に作業するミュージシャンやパフォーマーを探しています。
特に私が強く求めているのは、英語-日本語の通訳経験のある方、もしくは
現代/コンテンポラリー音楽やサウンドアートの作品(コンポジション、即興ベースのもの)を制作した経験を持っている作家さんです。

Specifically, I am looking for;
特に、私が探しているのはこれらの演奏者です。

- a group of 7 – 9 sustaining instruments (strings, woodwinds, brass, mobile keyboards, or possible bowed percussion instruments)
- 互いに影響しあう演奏のための楽器演奏者(弦楽器、木管楽器、金管楽器、モバイルキーボード、パーカッションの打楽器) 7-9人

- 4 Sho (Japanese mouth organ)
- 笙の演奏者 4人

- 4 Trombones (or 4 other identical and mobile instruments)
- トロンボーン(またはその他4つの同一の楽器)演奏者 4人

- 7 Voices (preferably no trained singers but musicians/performance artists who are comfortable using their voice for performance)
- 人声演奏者 7人(できれば声楽の勉強をしていない人で、でも作品のために声を使用することに経験のあるミュージシャン、
もしくはパフォーマンスアーティスト)

There will be 1 week of rehearsals (with 3 rehearsals for each pieces) and 1-2 filming day(s) on location for each piece. Rounding up the project, there will a public performance of 1 or 2 pieces, held at the residency place that is producing the project (Studio Kura, http://www.studiokura.info/en/)

それぞれのグループにつき、リハーサルは1週間(各作品につき3回のリハーサル)と撮影日1-2日間です。
プロジェクトについては、1,2グループがパブリックで演奏され、またプロジェクトをプロデュースしているスタジオ・クラでも開催されます
(http://www.studiokura.info/en/)。

I’ll be working in residence from half March to half May 2012. Intended is to start rehearsing half April to do the performances/film-shoots no later than the first week of May 2012. A definite schedule will have to be compiled will all participants.

私は、2012年3月中旬から5月のあいだ、スタジオ・クラに滞在します。
リハーサルは4月中旬、遅くとも5月初めの1週間には演奏と録画記録を行います。
明確なスケジュールは、参加者のスケジュールを聞いて調整する必要があります。

There is a budget available to pay all participants a fee for their work, and all their expensens during the period of rehearsals/filming. There is also some budget to cover transport from other areas than Fukuoka, in case this is necessary. So musicians living in Tokyo, or in the south of Japan, I could propose to them to come to Fukuoka and pay for their expenses.

echoes from a common source

松崎宏史が遊工房アートスペースでアーティスト・イン・レジデンスについて語ります。


代表松崎宏史が遊工房アートスペースでアーティスト・イン・レジデンスについて2日間にわたり語ります。

◎タイムテーブル
13:00-15:45 Part 1 「AIRに参加する」
アーティストが実際に滞在したAIRでの活動について報告します。また、アーティストの海外での活動を支援するという立場からも、AIRに参加する意義について考えます。
プレゼンター:小林史子(アーティスト)/稲垣立男(アーティスト)/吉野律(Asian Cultural Council シニアプログラムオフィサー)

16:00-18:30 Part 2 「アーティスト・ランのAIR」(マイクロ・レジデンシー)
AIRを自ら運営しているアーティストが、作家として制作環境を作り出し、維持することや、制作場所の共有を通じた作家同士の交流や協働などについて語り合います。
プレゼンター:Shih Yun Yeo(アーティスト/INSTINCディレクター|シンガポール)/松崎宏史(アーティスト/Studio Kuraディレクター|福岡)
スタジオトーク:Stina Fisch(遊工房アートスペース滞在アーティスト|ルクセンブルク)

主催:遊工房アートスペース
助成:平成23年度文化庁文化芸術の海外発信拠点形成事業、EU・ジャパンフェスト日本委員会
協力:Asian Cultural Council、ルクセンブルク大公国大使館

Michael Amter個展「佳」

この度Studio Kuraではレジデンスで滞在中の作家Michael Amterの一ヶ月に渡る滞在の成果を発表する個展「佳」を開催いたします。Michaelはニューヨークを拠点に活動する作家で日本には過去に淡路島の長沢アートパーク アーティスト・イン・レジデンスプログラムにて滞在制作をしています。今回の展示では滞在中に制作したビデオ作品2点とドローイングを展示予定です。皆様のお越しをお待ちしています。

日時:11月5日(土)-13日(日)11時から20時まで

オープニングパーティー 11月5日19時より~

場所:Studio Kura Gallery
福岡県糸島市二丈松末586
☎092-325-1773

Juliane Eirich Exhibition “Das Haus der alten Dame”@ Studio Kura Gallery

Vorhang

この度アートスペースStudio Kura(糸島市)では、ベルリンを拠点に活動する作家ユリアーネ アイリッヒによる写真作品展「Das Haus der alten Dame」を開催いたします。これは、ユリアーネがStudio Kuraのアーティスト・イン・レジデンスプログラム*で滞在制作した成果を発表する展覧会です。

ユリアーネは今回レジデンス期間中に宿泊していた空き家を、ポラロイドカメラで一枚一枚丁寧に撮影しました。人が住まなくなってから時が止まったままになっていた古い一軒家の隅々が、彼女に再び見いだされ、静かに光をたたえています。新鮮な目で再発見された空間の美しさを是非ご覧いただければ思っております。

Handtuchklein

日時:7月23日~7月28日 10.時から19時まで ※23日19時よりオープニングパーティーを行います。
場所:Studio Kura 福岡県糸島市二丈松末586 [電車]JR筑肥線一貴山駅より徒歩15分 (駅からの送迎あり)
[車]福岡前原有料道路 前原ICより10分

*Studio Kura アーティスト イン レジデンス プログラム  地域社会におけるアート・異文化への理解と交流を実現させる場として、福岡県糸島市二丈にある民家の米蔵をスタジオに改装。招聘されたアーティストは、ここに一ヶ月間滞在しながら制作を行います。プログラム終了時には、その成果を展覧会やコンサートで発表します。期間中、アーティストは制作のみに留まらず、地域のの方々を対象にワークショップを行うなど積極的な活動を行っています。

Schwäneklein

〜 この件に関するお問い合わせ 〜
アートスペース Studio Kura (福岡県糸島市二丈松末 586) 代表 松崎宏史 mail@studiokura.info TEL:092-325-1773

Das Haus der alten Dame
Juliane Eirich
ユリアーネ アイリッヒ
7月23日(土)19:00よりオープニングパーティー

福岡県糸島市二丈松末586 
Tel.092-325-1773

http://www.studiokura.info

mail@studiokura.info
開廊時間/10:00~20:00 (23日は19時オープン)

Blumenstraußklein

Juliane Eirich略歴: 1979年ドイツ、ミュンヘン生まれ。Academy of Photographic Design in Munich卒。卒業後、ニューヨークに移住。
2007年に奨学金を得てソウル/韓国で18ヶ月を滞在制作を行う。現在ニューヨークとベルリンを拠点に活動。

彼女の作品はアメリカ、カナダ、シリア、チュニジア、イタリア、スイス、フランス、ドイツなど世界各地で展示されている他、
The New York Times Magazine, ZEIT Magazine,European Photographyなど数多くのメジャーな出版物でも紹介されています。

主なクライアントにPRADA,Adidas,Daimler,BMWなど。Gallery Schusterin(Berlin/Miami)、Gallery f5,6(Munich)所属。